湖西

朝から かねてから 行きたかった、湖西へ行く。

JRの湖西線で 西大津に出た。 東海道線から乗り換え無しの列車だったので、結構早くつく。
(事故の影響か、ダイヤは○分遅れが 目立つが、次々に列車が来るので、遅れても影響はない。しかし運転手の脇に二人も 職員が立っているのは 異様だ。
まあ、一生懸命なのはわかるが・・・)

近江神社から、三井寺まで行く。

西大津駅から、近江神社へは、地図も なくこっちだろうと予想で 歩き始めたが、ちゃんとの近道で行けた。近江神社には、時計博物館があるので、それを見て三井寺へ。

三井寺へ 抜ける道の途中には 遺跡が随分あった。
実に綺麗に整備されている。
途中の『 大津市歴史博物館』も 立派だった。
特にジオラマには随分お金がかかっている感じ。
途中で、食事をして、三井寺に。
三井寺は敷地も 大きくすごかった。

ここから、JR東海道線の大津駅に出て、帰った。

色々な神社などがあるが、こじんまりした市内にぎっしり詰まっているという印象だ。
やはり歴史ある都市は、遺跡も多くすごい。
[PR]

# by bibliophile81 | 2005-04-30 15:42 | 日常 | Comments(0)

造幣局の通り抜け/エッシャー展


友人と、造幣局の通り抜けに行く。
人出が多くちょっと閉口。
それでも今年は まだ咲いていない桜が 何本かあった。
ともかく、造幣局の桜は、八重桜が 多く見ごたえがある。色もさまざま。
今年の桜は、紅華だそうで、ちょっと赤い桜だけれど、まだ満開ではない。
いつも綺麗な関山。
かわいい花が 多く見とれる。
暑いくらい、いい天候だったので 本当に人が 多かった。
今週末がきっと満開だろう。


食事をしてから、天満橋の大丸で開かれている、エッシャー展に行く。

見たことのない初期の作品が たくさんあったので大満足。
彼の父親が日本に招聘されたオランダの技術者だった事は知らなかった。
日本の、浮世絵とかの影響があったかもしれないという事がかかれてあった。
なるほど、彼の版画のデザインにはそういう影響もあったかもしれない。

 
[PR]

# by bibliophile81 | 2005-04-14 15:43 | ART | Comments(0)

小磯美術館

小磯美術館に 友人と、行く。

三回目。
新聞の挿絵が今回のメインかな。
ゆっくり出来て なかなかいい雰囲気。
やさしい絵は 心なごませるから好き。

昼から雨に降られてしまい慌てて帰った。
[PR]

# by bibliophile81 | 2005-03-24 15:46 | ART | Comments(0)

辻村寿三郎人形展

友人と、辻村寿三郎人形展に行った。
一昨年の時よりも 人形の数は 多い気がする。
こういう展覧会の展示に工夫が見られたのは、以前の大丸でのほうだと思う。
それぞれのコーナーの趣旨 みたいなのが 表れていたし、すごく見ごたえがあった。
幽玄という感じがし、辻村氏の考え方みたいなものまで 伝わってきた。
同じ作家 同じ人形で 展示の仕方でこうも違うものだろうか?

今回は 多くの人形が 間近で見られた。コレはよかった。
実は  少し高い位置に展示してあった風神雷神を、ぐるぐる見て 下から覗いてしまった!
(雷神は 男だったのね。だってどういう風に作られているのかすごく知りたくて、足とかじっくり見てたものだから…。しっかり 見てしまったけど 覗いている人は そんなにいなかったような…。)いやはや、覗いて見たことは、友人には言わなかった。

ところで、ここで、すごくかっこいい人を見た。
年齢不詳。白髪。背が高く、スタイル良し。姿勢もいいな。
ジーパンスタイルで颯爽としていた。
こういう感じになるには かなり努力しないと近づけそうもない。
目標にしてもいいかも。って私より若かったりして。
[PR]

# by bibliophile81 | 2005-01-27 15:47 | ART | Comments(0)

ロートレック賛歌 ポスター芸術の魅力

友人と天保山のサントリーミュージアムに行った。
「ロートレック賛歌 ポスター芸術の魅力」だ。
ポスーター展と言うのであんまり期待していなかったが
それが、なかなかだった。
考えてみたら本物のこういったポスターを見たことが なかったのだ。
リトグラフとはいえ、元の絵かと思えるような出来ばえ。

ロートレックだけでなく、お気に入りのクリムトや、
ミューシャなど結構いろいろな者が展示されていた。

帰りにミュージアムショップで、色々なブックマークを見つけて
お土産ばかり増えてしまった。
こんなことしていて いいのだろうか?

京都で、寿三郎展があることも知り、
早速来週行く事にした。
ああ遊んでばかりだ!
[PR]

# by bibliophile81 | 2005-01-20 15:50 | ART | Comments(0)

人形展

「恋月姫」の人形展「ルナティック・パンテオン~月の神殿」を京都でやっているのを知った。

9時か~。検索~。
25日まで?!
土曜日、行けないジャン。
今日しかない。
早速友人に電話。
時間があったら食事でもと思って誘う。
OKの返事。

まあ、昨日ある程度掃除したし、行っちゃえ!
というわけで京都へ。

12体のお人形とご対面。
展示の仕方にちょっと異議有り。
(綺麗なんだけど、砂が ホコリっぽくって、風邪気味の私は 閉口)
水に漬かったお人形は かわいそうだったし、意図は わかるのだけど~。

手ごろなものを、何か買って帰ろうかと思ったけど、本が置いてあるわけで無し、カレンダーはやたら高いし、ポストカードでも あればお土産に買ってもいいけど それも無し、結局何も買わず。
ちょっと残念。もう少し 私にも 楽しみを!
[PR]

# by bibliophile81 | 2004-12-24 15:52 | ART | Comments(0)

国立国際美術館

今日友人たちと、中之島にある、国立国際美術館
に行った。
以前万博公園にあったのが こちらで新装開店というわけだ。
新しい美術館は市立科学館の隣にあった。
なかなか綺麗だった。
常設だけを見たが、前より広くなったのか 見やすい気がした。
以前は 万博公園内なので、食事をするにも 不便だったが ここだと梅田にもすぐに出られるし便利だ。
今日は リーガロイヤルのシャトルバスを利用。
結局 昼食は このホテルのランチにした。
友人が ここのパンはおいしいというので、お土産がてら、パンを購入。
パンは、大して高くは無いが 綺麗なホテルにいることで、結構 優雅な気分で遊んだ。
帰りに新しく出来たという ハービスENTに行った。
やはり 日本人て 金持ちだ。ブランド店ばかり出店されている。
つまりは買う人がいるって事だわね。
[PR]

# by bibliophile81 | 2004-12-07 15:51 | ART | Comments(0)

アラビアンナイト展

国立民族博物館の企画展「アラビアンナイト展」に ツレアイと 二人で行った。
22日は、無料観覧の日。
万博公園全体が 無料だったらしい。

かつて、中東はエキゾチックなイメージが強かった。
この千一夜の話を 見るとやはりエキゾチックな あのイメージだ。
戦争のイメージはない。

今回は、千一夜の初版本とか、色々な国の本も、展示。

一番興味深かったのは、シャガールのリトグラフの 10枚。

まあいろいろな物を よく集めてあったので、楽しく見ることが出来た。

アラビア文字も美しかったし、何より千一夜を読みたくなった。
[PR]

# by bibliophile81 | 2004-11-22 15:53 | ART | Comments(0)

嵯峨嵐山

友人達と雨の中 嵐山に 行く。
JR京都駅で 待ち合わせ、そのまま福知山線で、『JR嵯峨嵐山』まで。

着いて、ビックリしたのは、平日のしかも雨なのに、非常に人が多いことだ。
ぶらぶら清涼寺まで行く。
近くにある有名な嵯峨豆腐の店『森嘉』で、豆腐と飛龍頭を購入。
ここはいつも人が並ぶほど有名な店だそうだ。
今日は 雨なので人もそんなに多くなく すぐに買えた。
今晩は湯豆腐だ。

そこから、まずは、「宝筺院(ホウキョウイン)」へ。
だんだん雨が強くなっている気がする。
友人が良かったと言う「常寂光寺」に行こうと言うことになった。
「落柿社」も近くだしということで、ウロウロ 人のいない道を問うって歩いていたら、『風陶』という陶芸と喫茶のところを見つけた。一人では絶対に入っていなかったと思う。
ごく普通の家が看板を出していた。そこは11月3日オープンしたばかりの、陶芸教室のようなところだった。陶芸作品を、品よく飾り、展示販売もしていた。
雨の中歩いてちょっと疲れていたのでゆっくり休憩できた。
昼頃だったせいか、「落柿社」も「常寂光寺」もそんなに人は多くなかった。
ただ雨のせいで、階段の上り下りには、閉口した。
それから友人の一人が、「祇王寺」にも 行きたいというので、先月行った「二尊院」の前を抜けて、「祇王寺」へ。
入るときは、それほど人は多くなかったのに 出る時は 雨にもかかわらず 入るのに 並んでいる人がいたので驚いた。

その頃、既に二時を 過ぎていたので食事にしようと食べるところを探した。
たまたま、『泉仙』に出たので即決。
有名な店だったのに、時間がずれていたためか 客は殆どいなくて貸し切り状態。
もう料理は美味しいし、満足。こんな料理は 家では作れない。本当に美味しかった。
紅葉には やはりちょっと 早かったが、あの 人出を 考えたら、とても 見ごろは 行きたくない。
ともかく 人が多すぎ。
参った。
そう言う自分達も その中の一人なのにね。
[PR]

# by bibliophile81 | 2004-11-18 15:54 | 日常 | Comments(0)

上賀茂神社

上賀茂神社に行く。
雨雲があるような気もしたが、京都洛北 上賀茂神社に 行く。
日がいいのか お宮参りを よく見た。
神社までは バスで直行したが帰りは、ぶらぶら下っていく。おなじ上賀茂神社の 久我神社とかを、途中で見た。
今宮神社は 結構大きい。

大徳寺も近いので 見当を つけてさらに下る。
大徳寺と言うのは、一つの寺でなく いくつもの寺が 同じ境内 にあるというのがよくわかった。
そう言えば御室の方の寺も、そういう作りの寺があったっけ。
何れも大きい境内だ。
かなり歩く。
中には拝観謝絶と言う寺も多く、ちょっと覗く程度。
しかし 綺麗な庭は見ごたえある。
[PR]

# by bibliophile81 | 2004-11-11 15:55 | 日常 | Comments(0)