人気ブログランキング |
BIBLIOPHILE
bibliophil.exblog.jp
book|
diary|
cinema|
bookmark|
bbs|
更新|
ブログトップ
カテゴリ:book( 213 )
2015年6月の読書メーター
2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:3754ページ
ナイス数:324ナイス

ぱっちり、朝ごはん (おいしい文藝)ぱっちり、朝ごはん (おいしい文藝)感想
これだけの人の文章が読める幸せ。それにしても、最近一般的な?和食の朝食つくってないわ。
読了日:6月6日 著者:林芙美子,色川武大,久保田万太郎,角田光代,よしもとばなな,石垣綾子,堀井和子,森下典子,井上荒野,佐藤雅子,万城目学,山崎まどか,吉村昭,小泉武夫,山本ふみこ,團伊玖磨,椎名誠,西川治,東海林さだお,池波正太郎,小林聡美,阿川佐和子,蜂飼耳,渡辺淳一,向田邦子,河野裕子,筒井ともみ,堀江敏幸,窪島誠一郎,増田れい子,川本三郎,久住昌之,徳岡孝夫,立原正秋,佐野洋子
デフ・ヴォイスデフ・ヴォイス感想
勝手に 想像してた話(聾者中心の話。)とは 全く違って、おもしろかった。
読了日:6月7日 著者:丸山正樹
ハケンアニメ!ハケンアニメ!感想
「ハケン」て そういう意味だったのか。第3章の「軍隊アリと公務員」が好きだな。登場人物が、それぞれ 良い個性で よかった。
読了日:6月12日 著者:辻村深月
歌舞伎町ダムド歌舞伎町ダムド感想
まぁ 面白かったかな。次回のお楽しみって 感じで 終わって。ワクワク。
読了日:6月13日 著者:誉田哲也
BORDER (角川文庫)BORDER (角川文庫)感想
テレビとは違うので これは これで、おもしろい。一気読み。ただし、脳内では、小栗旬が、活躍。
読了日:6月15日 著者:
さいごの毛布 (単行本)さいごの毛布 (単行本)感想
そんなこと秘密にしなくていいじゃん。さっさと教えてあげたらスッキリするのにと思うこと 多々あり。ミステリーに したかったのね。
読了日:6月16日 著者:近藤史恵
明日は、いずこの空の下明日は、いずこの空の下感想
この人は こんなに いろいろな経験をしているので、多くの引き出しを 持っているのだなぁと つくづく思った。
読了日:6月19日 著者:上橋菜穂子
淋しい狩人 (新潮文庫)淋しい狩人 (新潮文庫)感想
短編連作。いや~、よくできてます。すごいわ。
読了日:6月20日 著者:宮部みゆき
家族シアター家族シアター感想
短編集。「タイムカプセルの八年」って、アンソロジー「時の罠」で 読んだんだっけ。どの作品もよかった。
読了日:6月26日 著者:辻村深月
桜の下で待っている桜の下で待っている感想
短編集。やっぱり 私は、長編小説が 好きだ。それは、もう少しこの主人公の話が読みたい、この人を 知りたいと、思うのに、終わってしまうからかもしれない。
読了日:6月27日 著者:彩瀬まる
翳りゆく夏 (講談社文庫)翳りゆく夏 (講談社文庫)感想
なんだか すごい結末。話は 面白いが、周りの人間たちのその後が 気になって 仕方ない。
読了日:6月29日 著者:赤井三尋
アポロンの嘲笑アポロンの嘲笑感想
なんだかなぁ、なんか 腑に落ちない。あまり、すんなりと 読めない。え~ なんで そうなるのと 何度も立ち止まり 疑問を覚える。舞台を 福島ではない 別の場所設定にして、時も、あの地震の後ではない、設定にして 読むなら もっと すんなり入りこめたかも しれない。
読了日:6月30日 著者:中山七里

読書メーター

by bibliophile81 | 2015-07-01 12:43 | book | Comments(0)
2015年5月の読書メーター
2015年5月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:4455ページ
ナイス数:266ナイス

本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)本所深川ふしぎ草紙 (新潮文庫)感想
宮部さんは、やっぱりうまいなぁ。ホント、面白いわ。
読了日:5月1日 著者:宮部みゆき
経済学は人びとを幸福にできるか経済学は人びとを幸福にできるか感想
そうか、経済学って、こういうものだったのか。この本は、エッセイのようで、読みやすい。もっと早く読めばよかった。
読了日:5月6日 著者:宇沢弘文
弱いつながり 検索ワードを探す旅弱いつながり 検索ワードを探す旅感想
私って、検索下手なのよね。
読了日:5月6日 著者:東浩紀
絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで絶対に行けない世界の非公開区域99 ガザの地下トンネルから女王の寝室まで感想
知らないところ ばっかり。それにしても、バッキンガムの不法侵入って…。パドマナーバスワーミ寺院の財宝もすごいわ。
読了日:5月9日 著者:ダニエル・スミス
ゴースト・スナイパーゴースト・スナイパー感想
今までとは ちょっと違う証拠探しが、面白い。J・ディーバーは すごいわ。
読了日:5月10日 著者:ジェフリーディーヴァー
あまからカルテットあまからカルテット感想
面白かったんだけどね。J・ディーバーの後に読むもんじゃないね。
読了日:5月11日 著者:柚木麻子
何が困るかって何が困るかって感想
理解できない作品も。こういう作品も 書きたかったのだろうけど、なんだかなぁ。
読了日:5月14日 著者:坂木司
日本航空一期生日本航空一期生感想
素材はいいのに、とても 読みにくかった。たぶんそれは、スポットを当てたい人物が多かったので、主軸が 一貫してないところと、時系列が一定でないこと、同じ意味の文章が 繰り返されるところかな。面白いのに、残念な気がする。
読了日:5月17日 著者:中丸美繪
ボクの妻と結婚してください。ボクの妻と結婚してください。感想
テレビの1話2話を見て、読む。えっ、なんか違うじゃん。これから先、テレビでは どうなるんだろう。
読了日:5月19日 著者:樋口卓治
お鍋ひとつで、できること。―おいしく蒸す、こんがり焼く、やわらかく煮る。 (エイムック 2104)お鍋ひとつで、できること。―おいしく蒸す、こんがり焼く、やわらかく煮る。 (エイムック 2104)感想
やたら、オリーブ油が 出てくるなぁ。早速 人参のクミン風味を、私流に 圧力鍋で作ってみる。
読了日:5月19日 著者:長尾智子
僕とおじさんの朝ごはん僕とおじさんの朝ごはん感想
なんやこいつ、いい加減な奴やなぁ。 もう こんなの読むの やめよう。と 前半で 思った。ネットで、あらすじを読むと 少年との出会いで・・云々。仕方ない そこまで 読んでやるか…。少年が 出て来てからは、主人公が、変わった。ああ、そのための 前置きだったのか…。途中で やめなくて良かった。
読了日:5月23日 著者:桂望実
返事はいらない (新潮文庫)返事はいらない (新潮文庫)感想
宮部みゆきは、好きなのに、最初の頃の作品は読んでなかったのだなぁと、今更ながら読むが、短編でも面白い。さすがだわ。
読了日:5月24日 著者:宮部みゆき
池上彰のやさしい経済学―1 しくみがわかる池上彰のやさしい経済学―1 しくみがわかる感想
サクサク読めて、解かりやすい。
読了日:5月29日 著者:池上彰
5人のジュンコ5人のジュンコ感想
やっぱ、ノンフィクションのほうがいいな。(この本の参考資料二冊とも読んでるわぁ)
読了日:5月30日 著者:真梨幸子
私の命はあなたの命より軽い私の命はあなたの命より軽い感想
なかなか 面白い設定(謎ときのような話の進め方)だったけど、いまいち、納得できない (何故そうなるのかってところに 無理を感じる)ところがある。
読了日:5月31日 著者:近藤史恵
5日間の休みで行けちゃう!  絶景・秘境への旅5日間の休みで行けちゃう! 絶景・秘境への旅感想
いやー すごいわ。見るだけで 十分堪能。楽しめました。
読了日:5月31日 著者:
避難所避難所感想
テレビドラマを 見るような感じで 読んだ。
読了日:5月31日 著者:垣谷美雨

読書メーター
by bibliophile81 | 2015-06-01 13:22 | book | Comments(0)
2015年4月の読書メーター
2015年4月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:4731ページ
ナイス数:300ナイス

悟浄出立悟浄出立感想
史実なのかも…って 思っちゃった。でも、やっぱり これは、 作り話よねぇ。どれも 面白かった~~。
読了日:4月3日 著者:万城目学
64(ロクヨン)64(ロクヨン)感想
一気読み。警察にもいろいろな部署があるのねぇ。
読了日:4月5日 著者:横山秀夫
テミスの剣テミスの剣感想
ぐいぐいひきつけられたのは、確か。正しい事であっても、内部告発って うくよねぇ。
読了日:4月9日 著者:中山七里
トオリヌケ キンシトオリヌケ キンシ感想
短編集。泣けちゃったわ。
読了日:4月10日 著者:加納朋子
悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎悪足掻きの跡始末 厄介弥三郎感想
なんか 最後が哀れだ。
読了日:4月10日 著者:佐藤雅美
ちいさなかみさまちいさなかみさま感想
挿絵もあるし、子ども向けの話かと、勝手に想像していたが、エッセイ?だった。一気読みしてしまった。
読了日:4月10日 著者:石井光太
風のベーコンサンド 高原カフェ日誌風のベーコンサンド 高原カフェ日誌感想
美味しいベーコン、食べたい!!!
読了日:4月15日 著者:柴田よしき
インデックスインデックス感想
いいんだけどさ~。長編読みたいよー
読了日:4月18日 著者:誉田哲也
京へ上った鍋奉行 (集英社文庫)京へ上った鍋奉行 (集英社文庫)感想
シリーズの中では、一番好きだわ。
読了日:4月19日 著者:田中啓文
神の子 上神の子 上感想
話の先が見えない分 ドキドキ。で、彼らは、どうなるの?
読了日:4月23日 著者:薬丸岳
神の子 下神の子 下感想
う~ん。なんだかなぁ。上巻に比べて、ちょっと、物足りなさも感じるけど、まぁ 面白かったかな。
読了日:4月25日 著者:薬丸岳
さようならと言ってなかった わが愛 わが罪さようならと言ってなかった わが愛 わが罪感想
そうだ、この人は 物書きだったんだ。もっと いろいろ 書いて欲しい。
読了日:4月25日 著者:猪瀬直樹
少年探偵 (一般書)少年探偵 (一般書)感想
ホワイトって 何さ。愛した人を 消しちゃうって何さ。なんだか、ようわからんわ。続き、書くための伏線? 
読了日:4月26日 著者:小路幸也
メンタリズム  人の心を自由に操る技術 (扶桑社新書)メンタリズム 人の心を自由に操る技術 (扶桑社新書)感想
実行は 難しいと思ったけど、なるほど という点は 多々あった。 ま、誘導されないように 注意すべきことは わかった気がする。
読了日:4月30日 著者:メンタリストDaiGo

読書メーター

by bibliophile81 | 2015-05-02 09:17 | book | Comments(0)
2015年3月の読書メーター
2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3919ページ
ナイス数:208ナイス

ナイト&シャドウナイト&シャドウ感想
面白かった。もうちょっと 人間味(弱点)プラスして、シリーズ化してほしいわ。
読了日:3月7日 著者:柳広司
魔術師の視線魔術師の視線感想
最後まで ゾクッとさせるわね。
読了日:3月7日 著者:本多孝好
インフェルノ (上)  (海外文学)インフェルノ (上) (海外文学)感想
久しぶりだわ。相変わらず、イタリアだけど、面白い。
読了日:3月10日 著者:ダン・ブラウン
楽ラク掃除の基本: いま「使える時間」×キレイにしたい「場所」で選ぶ楽ラク掃除の基本: いま「使える時間」×キレイにしたい「場所」で選ぶ感想
今まで読んだいろいろな掃除の本の中では、好き。具体的で 適切。
読了日:3月12日 著者:高橋ゆき
インフェルノ (下) (海外文学)インフェルノ (下) (海外文学)感想
え~~、そうくるか。だとしたら ヴァンエンサがなんか、可哀そう。
読了日:3月14日 著者:ダン・ブラウン
マンデー・モーニングマンデー・モーニング感想
アメリカの医療ドラマを見てるみたいだった。ただ、目まぐるしすぎて…。名前から、男女、人種など(さすがに 韓国系はわかるが) 想像つかないので、イメージしにくかった。一気読みだったけど、疲れた。
読了日:3月15日 著者:サンジェイグプタ
50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算 (祥伝社黄金文庫)50過ぎたら、ものは引き算、心は足し算 (祥伝社黄金文庫)感想
一か所、5分ならできそう。1日一個 いらないもの捨てるのもできそう。できそうな気はするんだけどなぁ。
読了日:3月17日 著者:沖幸子
昨夜のカレー、明日のパン昨夜のカレー、明日のパン感想
ドラマの原作と知って読んだ本。ドラマもよかったけど、本も同じ雰囲気でいいわぁ。
読了日:3月17日 著者:木皿泉
夜の木の下で夜の木の下で感想
この人の語り口は 好きだ。読むと どんどん この人の世界に入ってる。
読了日:3月20日 著者:湯本香樹実
純喫茶トルンカ (徳間文庫)純喫茶トルンカ (徳間文庫)感想
トルンカのマスター夫婦のことも 知りたいわ。
読了日:3月23日 著者:八木沢里志
本当に江戸の浪人は傘張りの内職をしていたのか?―時代考証でみる江戸の仕事事情 (じっぴコンパクト)本当に江戸の浪人は傘張りの内職をしていたのか?―時代考証でみる江戸の仕事事情 (じっぴコンパクト)感想
概ね 知っていたけれど、知らなかったこともあり、なかなか面白かった。
読了日:3月23日 著者:山田順子
その日東京駅五時二十五分発その日東京駅五時二十五分発感想
なるほど 下地として、伯父さんの手記が あったのか。
読了日:3月28日 著者:西川美和
アンフェイスフル    国際犯罪捜査官・蛭川タニア (角川文庫)アンフェイスフル 国際犯罪捜査官・蛭川タニア (角川文庫)感想
題名の蛭川タニアが主人公かと思ったら、いや主なんだけど、彼女のことって結局わからないよねぇ。ずっと 隆志から見た事件だもんなぁ。さぁ 二作目を読んでみようっと。
読了日:3月29日 著者:蓮見恭子
イントゥルージョン 国際犯罪捜査官・蛭川タニア (角川文庫)イントゥルージョン 国際犯罪捜査官・蛭川タニア (角川文庫)感想
タニアに振り回されっぱなしの隆志。で、そのタニアの実態は?
読了日:3月30日 著者:蓮見恭子

読書メーター
by bibliophile81 | 2015-04-01 13:31 | book | Comments(0)
2015年2月の読書メーター
2015年2月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:3087ページ
ナイス数:177ナイス

左京区七夕通東入ル左京区七夕通東入ル感想
なんとなく 「まったり」って かんじが、京都っぽい。
読了日:2月1日 著者:瀧羽麻子
鍋奉行犯科帳 (集英社文庫)鍋奉行犯科帳 (集英社文庫)感想
やっと、登場人物が、勝手に動き出すほどに 名前に 慣れてきた。さてシリーズ2作目にGO!
読了日:2月7日 著者:田中啓文
戦友の恋戦友の恋感想
まだ この本を 読む前に ずっと『戦友』と思っていた。確かかなり前から読もうと思ってたんだけれど、「戦友」は、ちょっと今はやめとこうと 敬遠してたのだから、馬鹿みたい。読み始めてすぐに 違ってたと気が 付いたけど、これって、題名はほかになかったのかな?
読了日:2月7日 著者:大島真寿美
パリのお惣菜屋さんのレシピ―見ているとおなかがすいてくるおいしいメニューパリのお惣菜屋さんのレシピ―見ているとおなかがすいてくるおいしいメニュー感想
amazonで、買っちゃった。^^美味しそう。
読了日:2月8日 著者:上野万梨子
道頓堀の大ダコ (集英社文庫)道頓堀の大ダコ (集英社文庫)感想
やっと登場人物にも慣れ、恋模様も気になる。第三作へ突入だわ。
読了日:2月11日 著者:田中啓文
浪花の太公望 (集英社文庫)浪花の太公望 (集英社文庫)感想
恋の行方は、まだまだ これからまね。登場人物も 三平が増えて、4作目も、楽しみ。
読了日:2月14日 著者:田中啓文
あなたに贈るキス (ミステリーYA!)あなたに贈るキス (ミステリーYA!)感想
なかなか。設定もストーリーも良かった。
読了日:2月14日 著者:近藤史恵
あな吉さんの 人生が輝く! 主婦のための手帳術あな吉さんの 人生が輝く! 主婦のための手帳術感想
付箋の使い方がいいね。ま、それだけかな。
読了日:2月14日 著者:浅倉ユキ
汎虚学研究会 (講談社ノベルス)汎虚学研究会 (講談社ノベルス)感想
短編集だったんだ。「世界征服同好会」が なかなか 良かった。
読了日:2月20日 著者:竹本健治
船越英一郎の京都案内船越英一郎の京都案内感想
パラパラ見て、メモメモ。
読了日:2月20日 著者:船越英一郎
初恋料理教室 (一般書)初恋料理教室 (一般書)感想
智久君の恋の行方や、フランス人ヴィンセントのお店の様子、ミキ君姉弟のこれから、佐伯さんご夫婦のその後など まだまだ 続きが 読みたいなぁ。
読了日:2月25日 著者:藤野恵美
残花繚乱残花繚乱感想
ドラマの原作なので読んだ。確かに 登場人物や シチュエーショは 同じなんだけどね。とにかく テレビドラマの演出がすごいわ。これだけの話を どうする仕上げるのか ドラマが楽しみだ~~。
読了日:2月27日 著者:岡部えつ

読書メーター
by bibliophile81 | 2015-03-01 19:24 | book | Comments(0)
2015年1月の読書メーター
2015年1月の読書メーター
読んだ本の数:21冊
読んだページ数:5654ページ
ナイス数:362ナイス

伊藤まさこの雑食よみ 日々、是、一冊。伊藤まさこの雑食よみ 日々、是、一冊。感想
持ってる本や、読んだ本があると、なんかうれしい。
読了日:1月2日 著者:伊藤まさこ
伊藤まさこの雑食よみ 日々、読書好日。伊藤まさこの雑食よみ 日々、読書好日。感想
行けるところなら もっと しっかり読むけど、東京も 松本も 興味なし。ななめ読み。本は メモ。
読了日:1月2日 著者:伊藤まさこ
タイムライダーズ 1: Time Riders (児童単行本)タイムライダーズ 1: Time Riders (児童単行本)感想
タイムトラベルものだ。面白いけど、過去からの回収方法が、オールクリアと 似てる気がする。
読了日:1月3日 著者:アレックススカロウ
タイムライダーズ 2: Time Riders (児童単行本)タイムライダーズ 2: Time Riders (児童単行本)感想
すごく『シーカー』が 気に なるのですけど。他時代に行ったから ついてくるってわけじゃないのね? 面白かったけど、最後はバタバタって 感じだったな。
読了日:1月3日 著者:アレックススカロウ
村上海賊の娘 上巻村上海賊の娘 上巻感想
主役が 一気に泉州海賊になってる気が。下巻が楽しみ。
読了日:1月12日 著者:和田竜
村上海賊の娘 下巻村上海賊の娘 下巻感想
一気読み。やっと、景が活躍。もうちょっと 美人の姫の場面が 欲しかったわ。
読了日:1月12日 著者:和田竜
刑事の約束刑事の約束感想
長編だと思って読みはじめたので、最初の『無縁』の終わり方が 気になって仕方がない。あの子はどうなるの?しかも『刑事のまなざし』読んでないし…。
読了日:1月13日 著者:薬丸岳
55m2の暮らし替え―スローライフの舞台作り55m2の暮らし替え―スローライフの舞台作り感想
シャワーにしちゃうんだ。ま、歳とったら、そんなに 新陳代謝は激しくないから汚れない気はする。この人は、イギリス人っぽいのね。日本人は 風呂が 欲しいかも。それにしても 綺麗ななべ底だわ。磨かなきゃ…。
読了日:1月14日 著者:大原照子
蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係感想
薄さん! ライオンや虎て、どんだけ すごいことしてたんだ?!
読了日:1月16日 著者:大倉崇裕
簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである。簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである。感想
七つの味というのが おもしろかった。何せ 新婚当初 連れ合いから、君のは 醤油味ばかりだと、言われたのが いまだに トラウマに^^;
読了日:1月16日 著者:佐々木俊尚
人生に必要なものは、じつは驚くほど少ない  ―元気良く死に飛び込むための生き方指南人生に必要なものは、じつは驚くほど少ない ―元気良く死に飛び込むための生き方指南感想
題名に惹かれて手にした本。思ったような本ではなかった。私は この手の本は、パス。
読了日:1月17日 著者:帯津良一,やましたひでこ
老いのシンプル節約生活老いのシンプル節約生活感想
ドライトマト 食べてみたくなった。そんなに、おいしい?
読了日:1月17日 著者:阿部絢子
パリのお菓子屋さんのレシピ―簡単に作れるパリジェンヌの好きなおいしいお菓子パリのお菓子屋さんのレシピ―簡単に作れるパリジェンヌの好きなおいしいお菓子感想
カヌレのつくり方が載ってるし。古本で買おうかなぁ。
読了日:1月17日 著者:上野万梨子
それでも僕は夢を見るそれでも僕は夢を見る感想
うむむむ
読了日:1月17日 著者:水野敬也
50歳からラクになる 人生の断捨離50歳からラクになる 人生の断捨離感想
普通に言う「断捨離」とは違うわね。あ、そうか 人生の断捨離 か。
読了日:1月18日 著者:やましたひでこ
ミッドナイト・バスミッドナイト・バス感想
なんだか テレビドラマでも 見るような感覚で 読んだ。
読了日:1月21日 著者:伊吹有喜
スコットランドの伝統てぶくろ: シェットランドとサンカ、ふたつの地に伝わる手編みグローブとその歴史スコットランドの伝統てぶくろ: シェットランドとサンカ、ふたつの地に伝わる手編みグローブとその歴史感想
見てるだけで楽しい。結局買っちゃったよ~~。^^
読了日:1月29日 著者:
手編みのてぶくろ手編みのてぶくろ感想
見てたら編みたくなる。結局本を買っちゃった。
読了日:1月29日 著者:嶋田俊之
教場教場感想
最近 起きた、警官の 若い女性殺しが ちらついた。写真で見る限りその警官は、警官らしい感じだった。こんな風にして、頑張って、警察学校を出たのに、犯罪に手を 染めちゃったのかと思うと、なんだかなぁ。
読了日:1月29日 著者:長岡弘樹
アンダーカバー 秘密調査アンダーカバー 秘密調査感想
ああ、面白かった。最初は、ホリエモンを 想像しちゃったけど、途中からは、もうそんなイメージは消し飛んだわ。
読了日:1月30日 著者:真保裕一
本屋さんのダイアナ本屋さんのダイアナ感想
大穴は、ないよね。^^
読了日:1月31日 著者:柚木麻子

読書メーター

by bibliophile81 | 2015-02-01 15:25 | book | Comments(0)
2014年12月の読書メーター
2014年12月の読書メーター
読んだ本の数:23冊
読んだページ数:6058ページ
ナイス数:375ナイス

ペテロの葬列ペテロの葬列感想
ほぼ、ドラマ通り。テレビドラマを なぞってる感じ。よって、役者が 動き回る。映像より、先に 読みたかった。でも、テレビでは さらっと 見ていたことが、腑に落ちた。
読了日:12月3日 著者:宮部みゆき
世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)世界が憧れる 天皇のいる日本 (一般書)感想
日本の内側からでは 気が付かないことも、多い。そういう考え方もあるのかと。そういう意味では、なかなか 面白かった。いずれにしても 戦後処理での、アメリカの謀略が、着実に 日本を 蝕んでるかも と思ってしまいました。
読了日:12月5日 著者:黄文雄
糖質制限食 春のレシピ糖質制限食 春のレシピ
読了日:12月5日 著者:江部康二,髙野邦子
人はなぜ怒るのか (幻冬舎新書)人はなぜ怒るのか (幻冬舎新書)感想
自分の「怒り」を 抑える話だったような気がする。 結局、他人の「怒り」は コントロールできないよね。 ま、怒り?不満を 相手に、上手に 伝える方法は わかった。
読了日:12月7日 著者:藤井雅子
そうじ以前の整理収納の常識 (講談社の実用BOOK)そうじ以前の整理収納の常識 (講談社の実用BOOK)感想
なるほどねと 思わせるところがあったわ。
読了日:12月9日 著者:本多弘美
マスカレード・イブ (集英社文庫)マスカレード・イブ (集英社文庫)感想
短編集だったけど、それなりに 面白かった。
読了日:12月10日 著者:東野圭吾
シンプルに暮らす整理術―毎日をもっと素敵に!シンプルに暮らす整理術―毎日をもっと素敵に!感想
写真が カラーだったらよかったのに。それにしても すごい数の引き出しだわ。
読了日:12月10日 著者:クニエダヤスエ
ダブルトーンダブルトーン感想
NHKドラマを 見てたので、どうなるのか わかっていたが、夢で相手を見るというのが、本のほうが すんなり受け入れられた。
読了日:12月10日 著者:梶尾真治
これからの暮らし方これからの暮らし方感想
結局、年をとったら、暮らし方なんて、そうそう変えられない気がする。この本では門倉さんの 住くらいしか 興味が 持てなかったな。要するに そのほかの方とは、趣味が合わないってことかしら。ま、お金があれば、素敵に 暮せるのかも。
読了日:12月11日 著者:門倉多仁亜,吉谷桂子,西村玲子,吉川千明,李映林
殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件感想
なんだか おっかないな。 それにしても、記者が 取材だけで たどりつけるのに、警察は 何やってんだろう。それだけ 警察組織内では 動けないってこと?
読了日:12月12日 著者:清水潔
珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
京都の話なので、だいたいの場所が想像できるのでうれしい。
読了日:12月13日 著者:岡崎琢磨
オカダのはなしオカダのはなし感想
子供時分の写真が なんとも かわいすぎる。
読了日:12月13日 著者:岡田准一
All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)感想
期待してなかったが、結構面白かった。へぇ~~って感じ。
読了日:12月16日 著者:桜坂洋
ヒートアップヒートアップ感想
七尾と山崎のコンビは なかなか楽しめた。しかし、野犬も 怖いけれど、私は多くのカラスのほうが 不気味で怖いわ。
読了日:12月18日 著者:中山七里
それでも私が捨てられなかったものそれでも私が捨てられなかったもの感想
どの時点で、新しいものに変えるか・・・(タオルや財布)これってそうよねと。自分で 変え時を決めてないとねぇ。結構 やましたさんの 人となりが わかる 感じがした。自分のスタイルを 作ることが 肝心なのかもね。
読了日:12月18日 著者:やましたひでこ
京都てくてくちょっと大人のはんなり散歩京都てくてくちょっと大人のはんなり散歩感想
あ、友達のおうちが… あ、ここ行ったことある。食べたことある…って感じだった。
読了日:12月18日 著者:伊藤まさこ
日経おとなのOFF2015年1月号[雑誌]日経おとなのOFF2015年1月号[雑誌]感想
カレンダーとクリアファイルの付録つきが うれしい。
読了日:12月20日 著者:
花時間 2015年 冬号 [雑誌]花時間 2015年 冬号 [雑誌]感想
カレンダー欲しさに。
読了日:12月20日 著者:
時の罠 (文春文庫)時の罠 (文春文庫)感想
このなかでは、「タイムカプセルの八年」が 良かった。
読了日:12月20日 著者:辻村深月,湊かなえ,米澤穂信,万城目学
ゼロの迎撃 (「このミス」大賞シリーズ)ゼロの迎撃 (「このミス」大賞シリーズ)感想
まるで24みたいに ハラハラドキドキ。この国の行方は って 思わせる。で、あの影山審議官は どうなったのよ。
読了日:12月26日 著者:安生正
少ないモノでゆたかに暮らす―ゆったりシンプルライフのすすめ少ないモノでゆたかに暮らす―ゆったりシンプルライフのすすめ感想
結構古い本。付録のシンプル料理は、こんなのできるわ、知ってるわと思ってしまう私って、やっぱり年ね。
読了日:12月27日 著者:大原照子
銀翼のイカロス銀翼のイカロス感想
頭取に 一票!
読了日:12月29日 著者:池井戸潤
クローズアップ (3) スクープクローズアップ (3) スクープ感想
最後までハラハラだオキドキ。面白かった。
読了日:12月31日 著者:今野敏

読書メーター

by bibliophile81 | 2015-01-01 11:17 | book | Comments(0)
◎2014年11月の読書メーター
2014年11月の読書メーター
読んだ本の数:19冊
読んだページ数:5564ページ
ナイス数:247ナイス

歌舞伎町セブン (中公文庫)歌舞伎町セブン (中公文庫)感想
一気読み~♪。解説に 連載中の「歌舞伎町ダムド」とかあったから、続く感じね。
読了日:11月1日 著者:誉田哲也
あんじゅう 三島屋変調百物語事続 (角川文庫)あんじゅう 三島屋変調百物語事続 (角川文庫)感想
「くろすけ」泣けるぅ。
読了日:11月3日 著者:宮部みゆき
泣き童子 三島屋変調百物語参之続泣き童子 三島屋変調百物語参之続感想
「あんじゅう」のような、冗長さはなくすっきり読めた。
読了日:11月7日 著者:宮部みゆき
シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)感想
3が でるの? だったら、完結してから読めばよかったなぁ。
読了日:11月7日 著者:有川浩
夢幻花(むげんばな)夢幻花(むげんばな)感想
一気読み。以前 科学雑誌ニュートンで、変化朝顔の特集を 見て その多様さに驚いたことがあった。でも、黄色い朝顔が ない なんて 知らなかった。(検索したら 2014年の10月に 成功したのね。)話は、テンポよく進み、面白かった。
読了日:11月8日 著者:東野圭吾
風町通信風町通信感想
うむむ、なんか日向のにおいのする 短編集だ。挿絵がなんとも言えない雰囲気を醸し出している。
読了日:11月8日 著者:竹下文子
ヘッドライン  (集英社文庫 こ 28-12)ヘッドライン (集英社文庫 こ 28-12)感想
布施・鳩村・黒田の関係が、どうなっていくのか 見たい。
読了日:11月9日 著者:今野敏
HEARTBEAT (ミステリ・フロンティア)HEARTBEAT (ミステリ・フロンティア)感想
これ読んでたんだ。すっかり忘れてる。
読了日:11月15日 著者:小路幸也
胡蝶殺し胡蝶殺し感想
タイトルに ミスリードされたかも。結構面白かった。
読了日:11月19日 著者:近藤史恵
老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる老前整理 捨てれば心も暮らしも軽くなる感想
元気なうちに、お片付けなのね。
読了日:11月19日 著者:坂岡洋子
松居一代の超整理・収納術松居一代の超整理・収納術感想
サイズを測って、収納かぁ。お見事。探し物が ないだろうなぁ。
読了日:11月19日 著者:松居一代
美的収納プログラム美的収納プログラム感想
ラベル はがしたら 見た目は 綺麗かもしれないけれど、バカな私はわけわからなくなりそうだ。この冷蔵庫は すごいけど、無理。
読了日:11月19日 著者:草間雅子
ライツ・オン!: 明治灯台プロジェクト (単行本)ライツ・オン!: 明治灯台プロジェクト (単行本)感想
話は面白いのに、あっさりしすぎてる。
読了日:11月22日 著者:土橋章宏
ようこそ、わが家へ (小学館文庫)ようこそ、わが家へ (小学館文庫)感想
いつもの経済的な話だけではなく、身近な話も はいっているので、どう展開するのか、ドキドキした。
読了日:11月24日 著者:池井戸潤
片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術感想
実際 捨てるってことが、一番のネックよね。
読了日:11月28日 著者:池田暁子
くまとやまねこくまとやまねこ感想
優しい 絵柄に ジーン。
読了日:11月28日 著者:湯本香樹実
驚くべき日本語 (知のトレッキング叢書)驚くべき日本語 (知のトレッキング叢書)感想
これは 翻訳されているのだから、英語で 書かれていたのよね。外国人から見た日本語ってことで。それにしても 何か国語も操れるって尊敬しちゃうわ。
読了日:11月28日 著者:ロジャー・パルバース
関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実関東大震災「朝鮮人虐殺」の真実感想
なるほど、そういうことか。
読了日:11月29日 著者:工藤美代子
魔女は甦る魔女は甦る感想
何か主人公級の人々が、ズタボロになる話ね。面白かったけど、もう少し、救いが欲しかったな。
読了日:11月30日 著者:中山七里

読書メーター

by bibliophile81 | 2014-12-01 08:17 | book | Comments(0)
◎2014年10月の読書メーター
2014年10月の読書メーター
読んだ本の数:18冊
読んだページ数:4051ページ
ナイス数:193ナイス

迷わない。 (文春新書)迷わない。 (文春新書)感想
『お洒落は自分のためではない。周りのため。年を取ると段々汚くなるから、周りの人に嫌な思いをさせないために、身綺麗にしなさい』という櫻井さんの母親の言葉が、なぜか心に残った。
読了日:10月1日 著者:櫻井よしこ
金魚鉢の夏金魚鉢の夏感想
由希也と、蛍子、愛芽 何か どんでん返しでもあるかと思ったけど、無かった。
読了日:10月3日 著者:樋口有介
書く―言葉・文字・書 (中公新書 2020)書く―言葉・文字・書 (中公新書 2020)感想
こういう考え方が、あるんだ。
読了日:10月4日 著者:石川九楊
50からは、毎日が“一期一会"50からは、毎日が“一期一会"感想
一つ買ったら二つ捨てる…う~ん、難しい。
読了日:10月4日 著者:沖幸子
シアター! (メディアワークス文庫)シアター! (メディアワークス文庫)感想
なぜか、映画の話と思って読み始めた。^^違ってた。なかなかいい兄弟。2もあるようなので、借りてこよう。
読了日:10月7日 著者:有川浩
刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話感想
刑務所の話はこれで4人目かな?(三浦和義、佐藤優(これは検察の取り調べの話だっけか?)山本 譲司、 安部譲二。)特殊な世界だけに興味津々。それにしても すごい痩せよう。規則正しい、生活と、食事は体にいいのね。
読了日:10月9日 著者:堀江貴文
ミーコの宝箱ミーコの宝箱感想
何度も ウルウルしたけど、実際に このような人がいたら、私って、差別する側に 立ちそう。この頑張りはわかるけど、風俗というのが引っ掛かる。祖父母の愛にも、わかっていたようで 気が付かないのも 結局 素直じゃない子だったのかと。
読了日:10月10日 著者:森沢明夫
破門 (単行本)破門 (単行本)感想
映像にするなら 桑原は、竹内力かな。ちょっと 貫禄ありすぎか。啓坊は…思いつかヘン。
読了日:10月11日 著者:黒川博行
アンのゆりかご 村岡花子の生涯アンのゆりかご 村岡花子の生涯感想
朝ドラの原作本。ドラマは、うまく、まとめてあったのだと あらためて感心。実際は もっと エネルギッシュで、波乱万丈と 言えるかも。
読了日:10月13日 著者:村岡恵理
墜落現場 遺された人たち―御巣鷹山、日航機123便の真実墜落現場 遺された人たち―御巣鷹山、日航機123便の真実感想
もう 30年近く前なのか。あの時は 本当に驚いた。しかし 裏側は、知らないことばかりだ。上野村の人たちは すごいわ。なんだか 日本人のいいところを見るようで、ずっしりとくる。
読了日:10月14日 著者:飯塚訓
カラー版 - 電車のデザイン (中公新書ラクレ)カラー版 - 電車のデザイン (中公新書ラクレ)感想
キャァ~ こんな電車 見たことない。乗りたい、乗りたい、乗りたいよ~。水戸岡さん すごいわ。
読了日:10月14日 著者:水戸岡鋭治
花子とアンへの道: 本が好き、仕事が好き、ひとが好き花子とアンへの道: 本が好き、仕事が好き、ひとが好き感想
「アンのゆりかご」に続いて手に取った本。この順番で よかったと思う。写真が多く、前に読んだ本が よくわかる。梨木香歩と 森まゆみが 寄稿している。1952年の最初の「赤毛のアン」の本の表紙、見覚えがあるぞ。私は「赤毛のアン」を 読んでないんだけどねぇ。
読了日:10月15日 著者:
さがしています (単行本絵本)さがしています (単行本絵本)感想
絵本なので、大人には、最後の遺品の説明のほうが、ジンとくると思う。
読了日:10月17日 著者:アーサー・ビナード
海自レシピ お艦(かん)の味 元気が出る! 安くて美味しい力めし海自レシピ お艦(かん)の味 元気が出る! 安くて美味しい力めし感想
不肖・宮島の味わった?海自レシピ。カレーが いっぱい。
読了日:10月24日 著者:小学館出版局,海上自衛隊,防衛省海上幕僚監部=
暮らし上手の整理と収納 (エイムック 2061)暮らし上手の整理と収納 (エイムック 2061)感想
駕籠の使い方が 好き。もらった、サンプルは さっさと使うこと。確かに家の中に、散らばってる。
読了日:10月25日 著者:
いつもの献立がごちそうになる!  新・家めしスタイルいつもの献立がごちそうになる! 新・家めしスタイル感想
テレビ『Table of Dreams~夢の食卓~』を見て、佐々木さんを知った。で、本屋で、立ち読みして 結局 買っちまった。私って、なんてミーハー。
読了日:10月25日 著者:佐々木俊尚
太陽の棘(とげ)太陽の棘(とげ)感想
「ニシムイ美術村」の存在を知らなかった。アメリカ軍の方は、ちょっと、『MASH』のような雰囲気を 想像して、読んじゃった。
読了日:10月26日 著者:原田マハ
物語ること、生きること物語ること、生きること感想
上橋さんの人となりが よくわかる。こうして物語を綴ってきたのか。最後に、ブックリストがあるので、つい メモしたくなる。
読了日:10月30日 著者:上橋菜穂子,瀧晴巳

読書メーター

by bibliophile81 | 2014-11-02 06:35 | book | Comments(0)
◎2014年9月の読書メーター
2014年9月の読書メーター
読んだ本の数:25冊
読んだページ数:4899ページ
ナイス数:203ナイス

和樂 2014年 09月号 [雑誌]和樂 2014年 09月号 [雑誌]
読了日:9月1日 著者:
新幹線を航空機に変えた男たち 超高速化50年の奇跡新幹線を航空機に変えた男たち 超高速化50年の奇跡感想
すごく、面白かったんだけど、結局パソコンで、新幹線の写真を 検索しながら読んだ。だって 知らないんだもん、800系まで あるなんて。(なんとなくわかるのは、700系くらいまでだよ。)カラー写真が ついてたら もっと わかりやすくて 読みやすかったんだけどな。
読了日:9月5日 著者:前間孝則
すっきり片づく! 収納&インテリア―「減らす」「片づける」「増やさない」コツとルール (主婦の友新実用BOOKS)すっきり片づく! 収納&インテリア―「減らす」「片づける」「増やさない」コツとルール (主婦の友新実用BOOKS)感想
私好みではなかった。
読了日:9月5日 著者:
ちいさな城下町ちいさな城下町感想
よかった。エッセイを楽しむというより城下町の旅を楽しむって感じ。ネットを駆使して、画像を見ながら、全国を旅しました。
読了日:9月6日 著者:安西水丸
青森ドロップキッカーズ (小学館文庫)青森ドロップキッカーズ (小学館文庫)感想
負けてばっかりの話だったなぁ。どれか一つ、例えばいじめの相手に勝つとか、何か 一つ勝ちが 欲しかったわ。欲求不満。
読了日:9月8日 著者:森沢明夫
ドイツ流 美しいキッチンの常識 (知恵の森文庫)ドイツ流 美しいキッチンの常識 (知恵の森文庫)感想
写真付きで、シュトーレンなどのレシピもあり。 わかっちゃいるけど…です。憧れるな。バリアフリーのキッチンという考え方。
読了日:9月9日 著者:沖幸子
ドイツ流シンプル掃除学ドイツ流シンプル掃除学感想
具体的だけど、カキの殻とか、アンモニア水とか、ホウ酸とか、普通家にないよね。
読了日:9月9日 著者:沖幸子
タオル一本で家中ピッカピカ―手間もお金も場所もいらないプロの方法タオル一本で家中ピッカピカ―手間もお金も場所もいらないプロの方法感想
これは究極かも。要は、すぐ掃除の習慣ね。
読了日:9月9日 著者:沖幸子
ピカピカキッチン大好きピカピカキッチン大好き感想
お掃除本とはいいがたい。どちらかというと、料理レシピ+キッチンの話って感じかな。タテ型?(種を焼いては 入れて 生地を重ねていく)の バームクーヘンは 簡単そう。
読了日:9月9日 著者:沖幸子
はなとゆめ (単行本)はなとゆめ (単行本)感想
ちょっと期待しすぎたかな。なんか、清少納言の 激しいバトルが 欲しかったわぁ。
読了日:9月15日 著者:冲方丁
サライ 2014年 10月号 [雑誌]サライ 2014年 10月号 [雑誌]
読了日:9月15日 著者:
秘密 下秘密 下感想
キャ~~~ なんという 終わり方。えっ!!えっ!!!えっ!!!と 最後まで@@でした。ああ 面白かった。
読了日:9月17日 著者:ケイト・モートン
北斎と応為 上北斎と応為 上感想
日本人の話を 翻訳で読むって ちょっと違和感あるわ。それって翻訳者のせい?
読了日:9月18日 著者:キャサリン・ゴヴィエ
LOVE! 北欧 2014 autumn & winter (e-MOOK 宝島社ブランドムック)LOVE! 北欧 2014 autumn & winter (e-MOOK 宝島社ブランドムック)感想
衝動買い。めっちゃ 使いやすい 袋で うれしい。
読了日:9月20日 著者:
最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)最後の恋―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)感想
前に読んだ、「最後の恋 プレミアム―つまり、自分史上最高の恋。」のほうが 面白かった。(プレミアムってつくだけあるわ。)
読了日:9月21日 著者:阿川佐和子,沢村凜,三浦しをん,柴田よしき,乃南アサ,谷村志穂,角田光代,松尾由美
タニアのドイツ式部屋づくり―小さな空間ですっきり暮らす整理・収納のコツタニアのドイツ式部屋づくり―小さな空間ですっきり暮らす整理・収納のコツ感想
参考になることが たくさんあった。写真も 多く この本は 好き。
読了日:9月21日 著者:門倉多仁亜
シンプル収納・片づけノートシンプル収納・片づけノート感想
写真も多く、説明も丁寧。物と時間 確かに 反比例するな。物が増えると 時間は 減る。
読了日:9月21日 著者:
ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣感想
写真も多く、説明も丁寧。物と時間 確かに 反比例するな。物が増えると 時間は 減る。この感想は、「シンプル収納・片づけノート」。 読んだ本を 間違えていた。この本は ちょっと読み物的。直ぐに、実行したくなることが多かった。
読了日:9月23日 著者:門倉多仁亜
わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますわたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります感想
一気読み。究極やな。わかっちゃいるけど、ここまで 実行に移せないわ。ぼちぼちやね。
読了日:9月23日 著者:ゆるりまい
私が弁護士になるまで私が弁護士になるまで感想
へぇ~ 最近 テレビに 出てないと 思ったら、弁護士に なってたんか~と、手に取った本。ガッツ あるわ。
読了日:9月23日 著者:菊間千乃
最後の恋 MEN’S―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)最後の恋 MEN’S―つまり、自分史上最高の恋。 (新潮文庫)感想
このシリーズ三冊目。案外好き。男の人の書く恋愛小説もいいわ。
読了日:9月25日 著者:朝井リョウ,石田衣良,荻原浩,越谷オサム,伊坂幸太郎
幸福な生活幸福な生活感想
ブラックねぇ。『痴漢』の話が好きかな。長編にしてもいいかなと思った。
読了日:9月27日 著者:百田尚樹
北斎と応為 下北斎と応為 下感想
シーボルトが 出てからなんか文章がイキイキしてる気がした。この人の翻訳文に 慣れたのかしら?ともかく、上巻よりも 面白く感じた。
読了日:9月29日 著者:キャサリン・ゴヴィエ
ミセス黒田のクローゼット整理術 スタイリストの整理&収納レッスンミセス黒田のクローゼット整理術 スタイリストの整理&収納レッスン感想
薄いハンガーが いいのね。
読了日:9月29日 著者:黒田みか
突然の来客でもあわてない「いつもキレイ」の収納術―美しい暮らし・使いやすい収納 (saita mook)突然の来客でもあわてない「いつもキレイ」の収納術―美しい暮らし・使いやすい収納 (saita mook)感想
やはり 究極は 何にもないのが いいと、よくわかる実例だった。
読了日:9月29日 著者:

読書メーター
by bibliophile81 | 2014-10-01 10:00 | book | Comments(0)