人気ブログランキング |
BIBLIOPHILE
bibliophil.exblog.jp
book|
diary|
cinema|
bookmark|
bbs|
更新|
ブログトップ
カテゴリ:ART( 82 )
万博公園/千家十職
万博公園

民博でやってる「千家十職」を見に行ってきた。


民博ならではの なかなかうまい対比で 展示されてるわ。

万博公園内のルピナスやバラが満開
e0086378_16305576.jpg

e0086378_16314333.jpg

e0086378_16331136.jpg


e0086378_16335758.jpg

e0086378_16334335.jpg

結構大きい公園内を散策。

e0086378_1642868.jpg

e0086378_16422633.jpg

e0086378_1643453.jpg

e0086378_16442613.jpg

e0086378_16445736.jpg

e0086378_16452044.jpg

e0086378_1645521.jpg


民博って 面白いものを売ってるんですよね。

お土産に 
e0086378_16343428.jpg

ケニアの鍋敷きと 中国のボール?(綺麗な 澄んだ音が します;胡桃を持って ぼけ防止をするとか 言いますが これもそんなボールかも)
e0086378_16351399.jpg


万博公園の西口付近。

e0086378_16361958.jpg

メチャ大きくなってるプラタナス並木。まるで絵画のよう・・・
時刻が4時半ぐらいになって、 平日だったこともあり 人がほとんどいません。
e0086378_16395777.jpg

e0086378_1640364.jpg

e0086378_16411164.jpg

エキスポランドが閉鎖になってさびしいわ。
by bibliophile81 | 2009-05-12 16:45 | ART | Comments(0)
蔵書票
e0086378_15215836.jpg関西学院大学で 催されていた蔵書票の展示を 見に行った。

蔵書票の「大蒐集家」原野賢吉氏の膨大なコレクションの一部255点を紹介。

明日まで。
by bibliophile81 | 2008-12-19 15:21 | ART | Comments(0)
「内藤ルネ展」
e0086378_10502492.jpg「内藤ルネ展」

デビュー作となった「それいゆ」のイラスト、「なかよし」などの付録 「私の部屋」の写真など (年代 を追って 彼の残したイラスト、作品、再現人形、洋服の展示)
彼のデザインした小物 雑貨(膨大な実物展示)、
雑誌「薔薇族」の表紙となったイラストの数々、
絶筆となったイラスト原画。 e0086378_10485347.jpg


昨年突然亡くなった内藤ルネ展に行った。
私の年代~はきっと一度は目にした作品の数々に「懐かしい!」と きっと 言ってしまうに 違いない。
雑貨を見て、エ~これもなのというものばかりだった。

e0086378_10494413.jpg彼の半生の本(「内藤ルネ自伝」)を 読んで知ったのだが これだけのデザインを しながら、その著作権料の大半は 実際は 手には していなかったらしい。

今のように きっちり契約されていない時代だったからだそうで、さらに 騙されたり 持ち逃げされたり。今とは違って、ゲイは 排除される時代だったし 大変な人生だったようだ。
それにしても彼のデザインは、ポップで 今でもかわいいし、時代に 関係なく 通用すると思う。

少女時代を 一気に思い出す 展覧会。
by bibliophile81 | 2008-02-05 10:52 | ART | Comments(0)
神戸
友人と二人で、神戸に行く。
実は 東京に住む 別の友人の誘いで、
写真展『大地の花』−ネパール 人々のくらしと祈り−」を見に 行った。


写真展は ゆったりしたカンジで そこに流れる時間は 違う。
ちょうど子連れの団体とかち合ったが、それがまた 雰囲気を壊すこともなく、時間が 流れる。
NHKのテレビクルーの取材もあり 平日にもかかわらず、盛況のよう。
写真は、pcで、見ることもできるみたい。

私たち二人は、ポートタワーに 上ったことがなかったので、会場からすぐの ポートタワーに上ってみた。
e0086378_11311528.jpg
e0086378_1131401.jpg
e0086378_11315411.jpg
e0086378_1132865.jpg

写真はポートタワーから。

その後、神戸市立博物館まで歩いていき『失われた文明 インカ・マヤ・アステカ 展』を見て、友人が、中華街や生田神社に 行った事ないというので、せっかくだからと 中華街によって 生田神社にも。
写真は、博物館に 行くまでに ルミナリエの準備?を 見つけた。
e0086378_11334795.jpg
e0086378_1134276.jpg
e0086378_1134153.jpg

あんまりわからないかな。

ずっと歩いたので、疲れた~。
by bibliophile81 | 2007-11-28 11:34 | ART | Comments(0)
狩野永徳展

e0086378_11231871.jpge0086378_11293638.jpg





e0086378_11234622.gif100分待ちで、入りました~
まだまだ 多い人出です。
100分とは いわれたけど、せいぜい 60分強だったかも?

中に 入ったら、めちゃくちゃ 多いかんじでもないのは、作品が 襖絵とか屏風が多く、大物作品だったからかも。
但し 洛中洛外絵図だけは やはりすごい人だかりで ゆっくりは見られなかった。

待ち時間で 新書本 ほとんど 読んじゃったわ~
by bibliophile81 | 2007-11-14 11:24 | ART | Comments(0)
葛飾北斎
e0086378_1027325.jpg 昨日、長男に 格安チケット屋で 買ってきてもらったので、
  連れ合いと二人で 高島屋に 出かけた。
 今年5月に 見た葛飾北斎とはまた違う。

 構図も 絵も すごい。
 彼は 生涯で いったいどれだけ作品を 書いたのだろう。
 この前見れなかった、「山下白雨」藻見ることができた。


 最期のパネルの写真に 書かれてあった 辞世の句が 
 読めなかったので 家に帰って早速 検索。

   人魂(ひとだま)で  
   行く気散じや 
   夏野原     葛飾北斎

死んで 人魂になって 夏の野原に 気散(ピクニック)に出よう というくらいの意味だそうだ。

なんか 楽しげだわ。
by bibliophile81 | 2007-10-20 10:13 | ART | Comments(0)
ダニエルオストの小宇宙展
e0086378_9454913.jpg


大丸で やっている展覧会を 見に行こうと サントリーミュージアムから 天王寺に出る。
大丸でやっていると思った 展覧会の期日を 間違えていて、やっていなかったので 食事をしてから そごうのほうの展覧会を 見ることに。

そごうに 行ってみたら、入場料が 結構高かったので、ポスターの前で、友人三人と 考えあぐねていた。
すると、通りかかったおじさんが ちょうど 招待券 三枚あるから あげるよ、行っておいで。と いってくれた。( ハイ ありがたくいただきました。)
最終日で 人が多かったけれど、無料で、見ることができた。
メチャクチャ ついてると いっていいかな?
こういう 偶然てないよね。
by bibliophile81 | 2007-09-25 09:46 | ART | Comments(0)
ロートレック展
e0086378_9572780.jpg


e0086378_9574790.gif天保山にあるサントリーミュージアムへ、友人たちと、三人で、出かけた。
ロートレックは、嫌いじゃない。
しおりは残念ながら、なかった。
ミュージアムショップで 一枚見つけたのでそれを購入。

e0086378_15184297.jpg

ミュージアムショップで買ったキャンドルポット。
by bibliophile81 | 2007-09-25 08:54 | ART | Comments(0)
モディリアーニと妻ジャンヌの物語展
e0086378_10301031.jpg


エコール・ド・パリの代表格・モディリアーニの妻、ジャンヌ・エビュテルヌの遺族秘蔵品が中心。
モディリアーニのデッサンだけでなく ジャンヌ自身によるデッサンや絵画も多数出品。


美人で 才能あふれる人だったと思う。
でも、モディリアーニの二人目の子供を 宿したまま、後追い自殺は よくないよね。

ジャンヌの写真を 買って 玄関に 飾っていたら にらまれているような気分。
by bibliophile81 | 2007-09-19 10:24 | ART | Comments(0)
フィラデルフィア美術館展
e0086378_1016472.jpg

友人と三人で、京都市美術館でやっていた、フィラデルフィア美術館展にいく。
結構 大物の絵が来ていて 見がいが あったがあった。行ってよかった。

食事は コンコンブルーにて ランチ。
e0086378_10171066.jpg

それから烏丸に出て、ナスカ展に。

しおり数点 ゲット。
アップできないのが 残念。

帰ってきたら パソコンが 動かなくなっていた。
by bibliophile81 | 2007-09-11 10:16 | ART | Comments(0)