人気ブログランキング |
BIBLIOPHILE
bibliophil.exblog.jp
book|
diary|
cinema|
bookmark|
bbs|
更新|
ブログトップ
2019年 10月 11日 ( 1 )
2019年9月の読書メーター
9月の読書メーター
読んだ本の数:33
読んだページ数:8866
ナイス数:835

魔力の胎動魔力の胎動感想
面白かった。一気読み。
読了日:09月01日 著者:東野 圭吾
大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
深夜ドラマを見て 読む気になったが、こっちのほうが 面白い 仕掛けが…。びっくりよ。2も読まなくちゃ。
読了日:09月03日 著者:山本 巧次
もういちどベートーヴェンもういちどベートーヴェン感想
一気読み。面白かったわ。岬洋介の天才っぷりが たまらんわ。検索したら 一冊読んでなかったわ。さっそく借りなきゃ。
読了日:09月04日 著者:中山 七里
一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)感想
私もそろそろ、後始末を考えながらの 人生に入ってきたかな。
読了日:09月05日 著者:樹木 希林
刑事の慟哭刑事の慟哭感想
全く、めんどくさい話や。この対立 いじめやんか。結局 一番かっこいいんは、ホストのヨシキ君や。殺さんとってほしかったわ~。
読了日:09月06日 著者:下村 敦史
ふたたび嗤う淑女ふたたび嗤う淑女感想
しまった!「嗤う淑女」を読んでない。まずった。
読了日:09月09日 著者:中山 七里
みかんとひよどりみかんとひよどり感想
一気読み。面白かった。山は 手入れされて なんぼなのに、自然界を守るのに 木の伐採は いけないとか 狩猟は いけないとか そのままがいい というような人がいるんだよねぇ。むかし、京都で 猟師になった人の「ぼくは猟師になった」を 読んだっけ。あの本は、ノンフィクションで、すごいと思った。
読了日:09月09日 著者:近藤 史恵
グレイヘアと生きるグレイヘアと生きる感想
ななめ読み。あんまり参考にはならなかったな。
読了日:09月09日 著者:近藤サト
おやつが好きおやつが好き感想
こんなにも おいしそうなおやつが 出てきたら やっぱり食べてみたくなるわね。銀座が、遠くて、よかったわ~。
読了日:09月10日 著者:坂木 司
闇の奉行-大富豪同心(22) (双葉文庫)闇の奉行-大富豪同心(22) (双葉文庫)感想
うぉ~。続きが気になる!!
読了日:09月11日 著者:幡 大介
大人のコーディネートレッスン (e-MOOK)大人のコーディネートレッスン (e-MOOK)感想
色の組み合わせが なるほどと。
読了日:09月11日 著者:
韓国人による罪韓論 (扶桑社新書)韓国人による罪韓論 (扶桑社新書)感想
2018年に 書かれてるのよねぇ。文在寅大統領 何をする気なのか。南北の連合国に?なたっら さらに どうなるかわからんので、ほんまに怖いわ。
読了日:09月12日 著者:シンシアリー
好日日記―季節のように生きる好日日記―季節のように生きる感想
スマホがあると、読みながら椿の花の写真が手に入る。想像だけでなく ああ、こんな花なのかと 知ることができる。茶花、茶器、それにお菓子、私の知らない茶道の世界に触れることができよかった。
読了日:09月13日 著者:森下 典子
大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 両国橋の御落胤 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 両国橋の御落胤 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
面白い。はまっちゃったわ。恋の行方も気になる。
読了日:09月13日 著者:山本 巧次
世にも美しき数学者たちの日常世にも美しき数学者たちの日常感想
面白かった。以前読んだ「最後の秘境 東京藝大」の世界みたいに、やはり ちょっと知らない世界だったな。こういうのを書くのがうまいなぁ。
読了日:09月15日 著者:二宮 敦人
発現発現感想
面白くないわけじゃないんだけど、なんか もう一つ。最後を うまくまとめたら もっと面白くなりそうな話なんだけどなぁ。ちょっと残念。
読了日:09月15日 著者:阿部 智里
こちらあみ子 (ちくま文庫)こちらあみ子 (ちくま文庫)感想
こういうのは 好みじゃないな。読むだけで疲れるわ。
読了日:09月16日 著者:今村 夏子
卯之吉子守唄-大富豪同心(9) (双葉文庫)卯之吉子守唄-大富豪同心(9) (双葉文庫)感想
読み飛ばしていた分をやっと読んだ。あっさりめの 話だった。卯之さんは やっぱりどんちゃん騒ぎしなきゃね。
読了日:09月18日 著者:幡 大介
恋愛論序説 (1984年)恋愛論序説 (1984年)感想
佐野洋子らしい文章だった。84年が つい最近と 思ってしまう自分が怖い。
読了日:09月18日 著者:佐野 洋子
ネトウヨとパヨク (新潮新書)ネトウヨとパヨク (新潮新書)感想
今は そういう時代に 入ってきてるのかと ちょっと 驚く。確かに スマホはもうパソコンと 同じ機能なんだから 昔とは違うよなぁ。教育も変らないといけないと思う。でも 誰がどういう方針を 取るのか、考えると、それも恐ろしい。
読了日:09月19日 著者:物江 潤
呪術呪術感想
主人公以外 こいつが 悪人(黒幕?)だと 思いながら読んでる私。駄目だね。思ったより、いい人が 多かった。
読了日:09月20日 著者:初瀬 礼
大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 千両富くじ根津の夢 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 千両富くじ根津の夢 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
ドラマでの、宇田川君は 結構イケメンだったけど 彼との関係も 気になるなぁ。
読了日:09月21日 著者:山本 巧次
大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 北斎に聞いてみろ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう 北斎に聞いてみろ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
まぁまぁ面白かった。シリーズ物は はまると 次々読みたくなるネ。次も読みたい。
読了日:09月22日 著者:山本 巧次
メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)感想
若い人向け。今 この年で 読んでも もう一つ。昔むかし、読んだ新書「知的~~」に、エプロンのポケットに メモを入れておきましょうとかいうのが 書いてあったっけ。あのころ 読めば もう少し心を動かされたかも。メモを身近に置くのは 難しいというのを知っている 私は、まずそこから 変えなきゃムリ。
読了日:09月23日 著者:前田 裕二
平安ガールフレンズ平安ガールフレンズ感想
面白かった。どうも、「更級日記」と「蜻蛉日記」を 内容を 間違えて 記憶していたみたい。和泉式部と小式部内侍のことも かなり あやふやだったし、最も 高校時代での記憶だからなぁ。仕方ないか。
読了日:09月24日 著者:酒井 順子
帝国ホテル建築物語帝国ホテル建築物語感想
フィクションとノンフィクションの間くらいの話かな?面白かった。ライトの知らなかったことが 多くてびっくりだわ。
読了日:09月26日 著者:植松三十里
リトルガールズ (単行本)リトルガールズ (単行本)感想
面白かった。雅子さん、好きな格好をするって、やっぱ 勇気気いるよね。人の目を 気にするのは 日本人だからよね キット。
読了日:09月27日 著者:錦見 映理子
いつまでもショパン (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)いつまでもショパン (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
え~ 私ミステリー読んでるのよねぇ~ と言いたくなるほど、文章での 音楽が ピアノ演奏が すごいワ。
読了日:09月28日 著者:中山 七里
オカマだけどOLやってます。完全版 (文春文庫)オカマだけどOLやってます。完全版 (文春文庫)感想
テレビでは時々見るが、能町みね子の本は 初めて読んだ。へぇ~ こんな人だったのか。
読了日:09月28日 著者:能町 みね子
傑作はまだ傑作はまだ感想
一気読み。智君が いい子なので、よかった。
読了日:09月29日 著者:瀬尾まいこ
58歳で貯金がないと思った人のためのお金の教科書58歳で貯金がないと思った人のためのお金の教科書感想
こういうの読むと 大丈夫か自分となって、ドキドキしちゃう。まぁ 通帳の引き算で おおよその収支はわかるということなので、それを信じてやってみた。家計簿はつけてるけどさ~ なんか心配で。まぁ こんなもんかな~。何とかなるかなぁ。こんなの読んでも、やっぱり いい加減な私だ。
読了日:09月30日 著者:田中佑輝
山小屋ガールの癒されない日々山小屋ガールの癒されない日々感想
山に登ったことないので、山の話が 新鮮だったわ。
読了日:09月30日 著者:吉玉 サキ
笑いあり、しみじみあり シルバー川柳 こんにちは令和編笑いあり、しみじみあり シルバー川柳 こんにちは令和編感想
フーン なるほどねぇ。
読了日:09月30日 著者:

読書メーター

by bibliophile81 | 2019-10-11 14:58 | book | Comments(0)