人気ブログランキング |
BIBLIOPHILE
bibliophil.exblog.jp
book|
diary|
cinema|
bookmark|
bbs|
更新|
ブログトップ
2006年 03月 29日 ( 1 )
空海
目が いまひとつなので そんなに早くは 読めなかったが 面白かった。
三田氏は 青春小説で有名な人だったから 歴史小説を書かれているので 驚いた。
しかし まあ内容に ちょっと 青春物のところも 垣間見えて 読みやすい。

空海は、天才だと思っていたが やはり凡人には 計り知れない人物だ。
まだまだ 逸話が あるらしいのでもう少し、他の人の書いた本も読みたい。
しかし何故 天才というか 聖人のような、こういう人は、空を飛んだり(この本いは書いていなかったが)が 出来たり、外国語が わかったり、超人的なんだろう。すごすぎだ。

高野山で まだ生きているとも 聞くが、ありそうだと 思わせるところが すごい。


周りの話では、例えば、牡丹を 見に行った乙訓寺とかも出てきたりして、親近感を 覚える。

e0086378_11161382.gif

e0086378_11231882.gif
アラレ?

寒いと思ったら 雨が、霰に なってる。
これじゃあ、桜も 咲かないいよ。
by bibliophile81 | 2006-03-29 11:26 | book | Comments(2)