人気ブログランキング |
BIBLIOPHILE
bibliophil.exblog.jp
book|
diary|
cinema|
bookmark|
bbs|
更新|
ブログトップ
2006年 01月 25日 ( 1 )
ファンタジー
夕方になったら 急激に寒くなった気がする。

今日読了した「神秘の短剣」はライラシリーズの第二話。
ファンタジーは もう一つのめり込めないのだけれど これはまたちがった感じで、嵌ってしまった。
イギリスの作家。
7年がかりの長編作だとあとがきにあった。
構成が しっかりしていて、小道具も 面白く、大人が読んでも遜色ない。
ファンタジーのお決まりの魔女や、天使やetc登場。
だけど宗教色は強いのね。教会が、許さないような話になるんだそうな。
ハリーポッターもそうだけど、魔女が出てきちゃいけないのかしら?
こっちは なんとなく、天使との戦争になりそうだしな。

だから、内容はというと 決してお子様向けとは いえない気が する。
殺人も あるし、大冒険だし、親子関係も複雑だし、
第一話でも 結構さっさと 友達が 殺されちゃったし、厳しいのよね。ライラの周りは。
しかも ライラって うそつきが 得意な子という設定だし 孤児だし・・・

でもって二話目の もう一人の主人公の少年ウィルは 人殺しを 最初の部分で やってしまうし・・・
あんまり書いちゃうとこれ読んだ人の楽しみがなくなるな。

ともかく 三作目、さっさと読もうっと。

『黄金の羅針盤』カーネギー賞とガーディアン賞を受賞
『神秘の短剣』
『琥珀の望遠鏡』ウィットブレッド賞の児童文学賞と最優秀賞を受賞
by bibliophile81 | 2006-01-25 18:42 | book | Comments(0)