人気ブログランキング |
BIBLIOPHILE
bibliophil.exblog.jp
book|
diary|
cinema|
bookmark|
bbs|
更新|
ブログトップ
2004年 06月 30日 ( 1 )
河靖之七宝記念館
友人と、並河靖之七宝記念館に行く。
二回目。ここは月と木が休みなのに、以前木曜日に来て、見ることが出来なかったところ。
あいにく雨が降り出したので、室内から、小堀遠州の一番弟子の小川治平の庭を 眺める。
工房跡やら、作品やら、七宝の美しさを堪能。
七宝ってこういうのだったっけ?というくらいすごい作品だった。
つい 趣味の世界の七宝を 想像していたが、ここは 工芸。芸術品だったのね。
作品もお庭もなかなかでした。

ここで行き会ったご婦人が、今から何有(かいう)荘に行くと言う。
何でも100年ぶりの公開のお庭。近いのでせっかくだから見に行こうとなって私たちは、歩いて南禅寺横にあるその何有荘に。
雨も上がり日差しはかなり強くなってきたけれど、雨上がりのせいか、緑が美しく、山手の方なので風も心地よかった。なんでも昔は、南禅寺の塔頭だったとか。
このお庭もやはり、小堀遠州の作品と言うか彼の造った庭だらしい。
かなり広い敷地に滝あり、トンネル有り。(トンネルから山の上にある庵に出る。)
すごいお庭。写真はとらなかったが、検索したら色々出てきたので、
何有荘1
何有荘2
何有荘3
実にすばらしいお庭でした。

その後清水の方まで歩いて、出た。青龍苑に行く。ここは昔 料亭・坂口だった後を、改装変したものらしい。
庭や建物ははそのまま残してある。
ここの有喜屋で蕎麦をたべ、イノダコーヒでお茶をして家路に。
楽しかったなぁ。
by bibliophile81 | 2004-06-30 16:03 | 日常 | Comments(0)