人気ブログランキング |
BIBLIOPHILE
bibliophil.exblog.jp
book|
diary|
cinema|
bookmark|
bbs|
更新|
ブログトップ
韓国ドラマ
ヒロインがよく死ぬってことは ドラマでも、お葬式のシーンとかある。
そこで、気がついたことは、お墓が 日本とは、ちょっと違う。
「秋の童話」で死んだヒロインの「ウンソ」は 海に、散骨だった。最近「サラン」の主人公の友達「サンヒョク」は、川に 散骨。そういえば、「冬のソナタ」は 最初に 死んだことになった「ジュンサン」のことは、友達みんなで、湖に 散骨をするかのように、紙を 燃やしていたっけ。

主人公「イナ」の年上の恋人の「ヨンジ」の お墓のシーンはない。
でも 珍しく教会で葬儀をしたので 命日には 「イナ」は 教会に いってたっけ。
「夏の香り」の主人公「ミヌ」の死んだ恋人「ウネ」は 自宅の茶畑近くに お饅頭型のお墓があった。冬ソナの「ユジン」の父親は、地方都市?の墓地のお饅頭型。
「美しき日々」の主人公の一人「ソンジェ」の本当の父親の墓も お饅頭型で、ソウル?の大きな墓地っぽかった。
自殺した母親は、共同墓地的な 近代的な建物のなかにある型。


他に 葬儀のシーンもたくさんみたが、日本とはちょっと違う。

 
さらに「サラン」では、主人公「イナ」を 警察が 逮捕するシーンは 有無を 言わさずで ちょっと驚く。
さらに 縄をかけて移動するなんて 韓国では こんななのかとまた驚く。

病院に入院シーンはあるが、パジャマは 病院似備え付けの?パジャマみたいだ。

ともかく なにごとも、目新しく 興味深々だ。

遅れてきた 韓流だ。
by bibliophile81 | 2007-02-23 15:19 | TV/cinema | Comments(0)