人気ブログランキング |
BIBLIOPHILE
bibliophil.exblog.jp
book|
diary|
cinema|
bookmark|
bbs|
更新|
ブログトップ
京都人編
友人を思い浮かべつつ。

「この前の戦争」といえば、応仁の乱だ。
よく聞く話や。
人の陰口を言うのがことのほか好きだ。
友達の 噂話に 意外にケンが あったりして。
時代劇のロケ地を即座に言い当てることができる。
ようしってはる。
京都が日本の中心だと思っていて、いつか天皇は京都に帰ってくると信じている。
これもよう聞く話や。
電車の中で、火縄を小さく振り回せるようになって一人前。
さもありなん。
心の中では、東京人を田舎モンと思っている。
たぶん。
北野天満宮のことを「天神さん」という。
当然そうやろう。
なんちゃって舞妓とほんまもんの舞妓さんの見分けがつく。
わたしでもできそう。
マンションのペントハウスにすむよりも、自宅2階から祇園祭の巡行を見られる木造2階建てのほうが、京都人のステータスとしては上である。
当然だと思う。
友達に寺の息子(娘)が3人以上いる。
って 息子のクラスにもいたっけ。
いっぱい いてはるだけでなく 結構すごいお寺やったりするんよね。
京都が舞台のサスペンスを見ると、内容よりもロケ地がどこかで盛り上がる。
そして「あんなとこからそんなとこまでそんな早う移動できるかいな」と必ず突っ込む
みんなしてるんとちがうの?

わかるなぁ。
by bibliophile81 | 2006-05-09 10:05 | つぶやき | Comments(0)