自転車

こぐこぐ
もう メッチャ面白かった。
この伊藤礼さんは あの整さんの息子さん。
私なんか 伊藤整さんは「チャタレー夫人」しか連想できないけど、やっぱり息子である、礼さんも 大学教授で 翻訳家でもあったようだ。
とにかく話がうまい。ガンガン読ませる。

何が といってページを くるたび 私のツボに 入ったというのかな。
あとがきに、書名考察で、
「古希老人自転車日記」「突然目覚めてサイクリスト」「元気自転車」「新サイクリスト読本」「徘徊自転車」「天国は自転車で」
もうこれ読んだだけで笑ってしまう。
「こぐこぐ自転車」が「ちゃぐちゃぐ馬っこ」に似てるとかいいだしてるし~

もうこの素敵なオジサマが、妄想はするは、悪態はつくは、自転車は何台も買うは、付いてけません。お金持ちなんですね。10万もする自転車を パッと買って帰るなんて。

で うらやましく思ったのは 定年後みんなで 遊べる お友達が 存在すること。
おそらくは 皆様 それなりのお方 ではないかと 拝察する。

ともかく お年を 召した方が お元気なこと。面白かった~。
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by 紅子 by bibliophile81 | 2006-04-21 16:33 | つぶやき | Comments(2)

Commented by michirudesu at 2006-04-21 22:50
元気なおじいちゃんのお話、おもしろそう。
読みたくなりました。
社協なんかに勤めているせいか、たくさんのお年寄りと出会うけど、歳をとっても遊び方が上手な人っていいなあと思います。
特に男の方で、昔はそれなりの地位についておられたはずなのに、それにこだわらずにいろんなことに興味をもたれる方と話していると、歳の差を忘れます。で、話の奥に深い経験に裏打ちされた何かが感じられてさすがだなあ・・と思う。

身体もだけど、気持ちが元気でいたいなあ・・・
↓のバトンで自分の事を振り返って、これからどう年を重ねるかなんて考えてしまいました。
バトンのところ、TBさせてくださいねー。
Commented by bibliophile81 at 2006-04-22 00:01
面白かったですよ~

ところで、今 読んでる本は 「鉄道ひとつばなし」
こちらは、お坊ちゃま向きかしらん。
これも 暇つぶしには いいです。

私の母方の祖父は国鉄時代に 勤めていた技師で、 列車の自動連結器を 発明したそうです。
大正天皇が崩御の時にはそのお召し列車も 作ったそうです。
母の実家には、菊の御紋のアルバムが ありました。って あんまり関係ないけど 鉄道つながりってことで。

はい TB どうぞ どうぞ。
私もさせていただこうかしら。

<< 平日 反省 >>