人気ブログランキング |
BIBLIOPHILE
bibliophil.exblog.jp
book|
diary|
cinema|
bookmark|
bbs|
更新|
ブログトップ
2014年1月の読書メーター
2014年1月の読書メーター
読んだ本の数:19冊
読んだページ数:5307ページ

桃紅―私というひとり桃紅―私というひとり感想
書道の先生から借りた本。若くして、個展を開いて、やはり すごい人なのだというのが よくわかる。本のつくりも素晴らしい。この人の作品を 見たことがないのが、残念。
読了日:1月1日 著者:篠田桃紅
2.43 清陰高校男子バレー部2.43 清陰高校男子バレー部感想
う~ 次も 読みたい。春高バレー どうなる?チカ 体は大丈夫なのか?ユニ どんなに 成長するんだ。棺野と荊は・・?ううううう
読了日:1月3日 著者:壁井ユカコ
虹の岬の喫茶店虹の岬の喫茶店感想
一番最初の話が 一番心に 残った。
読了日:1月4日 著者:森沢明夫
野蛮人の読書術野蛮人の読書術感想
私のような、暇つぶしの読書とは違うね。
読了日:1月5日 著者:田村耕太郎
悶絶スパイラル (新潮文庫)悶絶スパイラル (新潮文庫)感想
最後の松苗さんの漫画に♥
読了日:1月8日 著者:三浦しをん
別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判感想
クールに書いてあるので、すごく客観的に見える。北原みのりさんの「毒婦」を読んでから 結構時間がたったので、比較できないわ。いずれにしても、本気で、ばれないと思ってたのかなぁ。わけわからん。
読了日:1月8日 著者:佐野眞一
オール・クリア 1(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)オール・クリア 1(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)感想
ウ~~~~ イライラするぅ。なんだこの子供たちは。なんで赤ん坊を 預かるんだ。しかし こういうことが ないと スイスイ 行っちゃうよね。ハラハラドキドキするのも イライラするのも 面白いから、まぁいいか。
読了日:1月8日 著者:コニー・ウィリス
星間商事株式会社社史編纂室星間商事株式会社社史編纂室感想
なんか ドカンと ひと騒動 起きてほしかったなぁ。それと、幸代さんのBL小説や、課長さんの小説は なんか無意味な気がしたわ。
読了日:1月10日 著者:三浦しをん
おはなしして子ちゃんおはなしして子ちゃん
読了日:1月11日 著者:藤野可織
東京百景 (ヨシモトブックス)東京百景 (ヨシモトブックス)感想
なんか センスあるな。 読み始めたら、結局 一気読み。
読了日:1月11日 著者:又吉直樹
沈黙のエール沈黙のエール感想
え~~ッ もっと他に 犯人いなかったのォ?さて、シュークリーム買ってこよっと。
読了日:1月13日 著者:横関大
こちら警視庁美術犯罪捜査班こちら警視庁美術犯罪捜査班感想
期待しすぎたら駄目ね。もう一ひねりというか、突っ込んだ美術犯罪だったらよかったのだけど。面白いんだけど、軽すぎだったわ。
読了日:1月14日 著者:門井慶喜
サヴァイヴサヴァイヴ感想
なんか あっけない感じ。短編だからかな。
読了日:1月15日 著者:近藤史恵
ユニコーン―ジョルジュ・サンドの遺言ユニコーン―ジョルジュ・サンドの遺言感想
展覧会を見たら、余計に楽しめる本。
読了日:1月15日 著者:原田マハ
日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)感想
箸の話がおもしろかった。 結局、アメリカは 成功したね。日本の根本を これだけ 駄目に したのだから。教育は、絶対。何も学ばなければ、どんどん廃れる。
読了日:1月17日 著者:竹田恒泰
漢字伝来 (岩波新書)漢字伝来 (岩波新書)感想
漢字の一部(片方)をつかうことから 片仮名か~。なんか納得するわ。それにしても 漢字を 自国の言葉、日本化ってすごいわ。
読了日:1月25日 著者:大島正二
土蛍 猿若町捕物帳土蛍 猿若町捕物帳感想
久々の猿若町捕物帳シリーズ。ドラマ化 されないかなぁ。
読了日:1月27日 著者:近藤史恵
想定外の老年 ─納得できる人生とは想定外の老年 ─納得できる人生とは感想
厳しい言葉の数々。題名で ちょっと損してると思う。これだと 若い人は読まないのでは。「しっかり 物事を(自分で)考える力」が 弱体化してる、若い人に こそ 読んでもらいたい。
読了日:1月30日 著者:曽野綾子
京のろおじ  暮らす旅 京都京のろおじ 暮らす旅 京都
読了日:1月31日 著者:

読書メーター

by bibliophile81 | 2014-02-01 14:40 | book | Comments(0)