人気ブログランキング |
BIBLIOPHILE
bibliophil.exblog.jp
book|
diary|
cinema|
bookmark|
bbs|
更新|
ブログトップ
◎2012年11月の読書メーター
2012年11月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:5219ページ
ナイス数:132ナイス

夢違夢違感想
どう決着をつけるんだろうかと思いつつ読んだ。まぁいいかという決着だった。でも 浩章を 結婚?させてる 必要なんか なかった気がする。登場も、突然だったし、無視も 甚だしい気がする。
読了日:11月3日 著者:恩田 陸
秘密は日記に隠すもの秘密は日記に隠すもの感想
これが 遺作なのは、残念。
読了日:11月5日 著者:永井 するみ
ホイッスルホイッスル感想
結構 重いなぁ。なんか ろくな男が 出てこないワ。あ、嫌な女も 多いから どっこいか。そんな嫌な 世界に、律儀で まじめな人々が きっちり生きているところに 救いがあるわけね。
読了日:11月7日 著者:藤岡 陽子
旅屋おかえり旅屋おかえり感想
何度も、ウルウル。泣けちゃいました~。一気読みでした。
読了日:11月8日 著者:原田 マハ
旧皇族が語る天皇の日本史 (PHP新書)旧皇族が語る天皇の日本史 (PHP新書)感想
ファンタジーの世界から 史実まで。日本史が 不得手な私にも こういう視点から、日本史を見ることはなかったので つながりもスッキリしたし、なるほど という部分もあり 良くわかった。日本て いいなぁと思える本だった。読んで よかった。
読了日:11月9日 著者:竹田 恒泰
真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん (ポプラ文庫)感想
おいしいパンが食べたくなる本だわ。2が、気になる。いろんなことが まだ明かされてない気がするし。
読了日:11月11日 著者:大沼 紀子
真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)感想
今回は、弘基編ね。次回は、希実編で、お願いしま~す。一気読みでした。
読了日:11月12日 著者:大沼 紀子
最後の証人最後の証人感想
一気読み。あっち側の人が ぐるになって、事件を 隠蔽しちゃったら、不起訴になるんですねぇ。 起訴しても不起訴になる・・・なんかみたい。 おお、怖い。
読了日:11月13日 著者:柚月 裕子
トリガール!トリガール!感想
青春ものね。理系女子ね。実験とかで 暇がないように思えるけど、工学部って、結構 青春できるんだねぇ。
読了日:11月16日 著者:中村 航
プラ・バロックプラ・バロック感想
雨降り ばっかりだったね。おかげで すごく 寒い感じだった。 クロハの魅力が いまいちなのが 残念。でも シリーズ化してるんだ。なら、タカハシの存在が 気にかかるなぁ。
読了日:11月19日 著者:結城 充考
ミリー―天使にであった女の子のお話ミリー―天使にであった女の子のお話感想
邪心を 持って、読んだらダメね。
読了日:11月19日 著者:ヴィルヘルム・グリム
スカートの風(チマパラム)―日本永住をめざす韓国の女たちスカートの風(チマパラム)―日本永住をめざす韓国の女たち感想
二十年ほど 前の本だ。しかし、韓流ドラマを 見ていて わからなかったことが なるほどと思えるから いまだに 韓国は 変わっていないのかも。何だか気の毒だ。
読了日:11月20日 著者:呉 善花
ラガド 煉獄の教室ラガド 煉獄の教室感想
斬新で 面白いんだけど、結局 何が 言いたいのか よく わからんわ。情報戦?
読了日:11月22日 著者:両角 長彦
語られなかった皇族たちの真実-若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」語られなかった皇族たちの真実-若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」感想
知らなかったことが 多すぎ。
読了日:11月25日 著者:竹田 恒泰
麒麟の翼 (特別書き下ろし)麒麟の翼 (特別書き下ろし)感想
なんだかなぁ。チョッピリ 不満も残る お話でした。 でも 題名は いいなぁ。
読了日:11月26日 著者:東野 圭吾
マスカレード・ホテルマスカレード・ホテル感想
朝ドラのホテルマンとは 大違い。かっこいいわ 山岸さん。新田刑事もね。 面白くて 一気読み。
読了日:11月27日 著者:東野 圭吾
ペトロペトロ感想
ペトロに導くために、相棒を、外人のアルトマン教授にしたのかな。
読了日:11月30日 著者:今野 敏

読書メーター

by bibliophile81 | 2012-12-01 11:22 | book | Comments(0)