人気ブログランキング |
BIBLIOPHILE
bibliophil.exblog.jp
book|
diary|
cinema|
bookmark|
bbs|
更新|
ブログトップ
◎2012年4月の読書メーター
4月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2394ページ
ナイス数:72ナイス

団塊のジジババが日本をダメにする団塊のジジババが日本をダメにする
誰に 向かって書いてるのかと思ったら ジジババに 対してなのね。向井さんの事も 書いてたけど、もし これが、雅子様だとしても 同じ事言えるのかなぁ。
読了日:04月02日 著者:正高 信男
恋愛書簡術 - 古今東西の文豪に学ぶテクニック講座恋愛書簡術 - 古今東西の文豪に学ぶテクニック講座
結構 激しいわね。でもまぁ 芸術家ですものね。
読了日:04月02日 著者:中条 省平
本日は大安なり本日は大安なり
映像が 浮かぶわ。映像化されそうな話。
読了日:04月03日 著者:辻村 深月
舟を編む舟を編む
辞書は 大好きだけど こんな風に 作ってたのかぁ。百科事典も 同じようなものかしら? これからは 電子辞書の時代だろうから 紙の辞書って もっと採算が 合わないだろうなぁ。なんだか そういうの 考えただけで、つまらない世界に なって いってる感じがするわ。
読了日:04月06日 著者:三浦 しをん
南の島に雪が降る (ちくま文庫)南の島に雪が降る (ちくま文庫)
「泣ける話、笑える話―名文見本帖」に出ていて、読もうと思った本。泣けて泣けて 仕方がなかった。加東大介と言ってももう、知ってる人は 少なくなってるよね。沢村貞子も長門裕之も 死んじゃったし、生きてるのも 甥っ子の津川雅彦くらい。その彼が 三歳のときの話が ちょっと出てくる。
読了日:04月07日 著者:加東 大介
真夜中の庭――物語にひそむ建築真夜中の庭――物語にひそむ建築
児童文学の中の 建物、土地・・などを 中心に語った 児童文学と言っても子供のためではなく大人のための 読書案内。確かに 子供のときにも 読んでるのだけど 今読んだら きっと違う感想を持つだろうな。読んでない本も 結構あった。
読了日:04月09日 著者:植田 実
野いばら野いばら
恋愛小説なんだろうけれど、凛としたというのか、静謐というのかそういう雰囲気が心地いいな。
読了日:04月19日 著者:梶村 啓二
獺祭 軍鶏侍 (祥伝社文庫)獺祭 軍鶏侍 (祥伝社文庫)
この雰囲気。いいなぁ。一作目のよかったが 二作目もいい。
読了日:04月20日 著者:野口 卓
ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
街の雰囲気が 好き。恋の進展も 気になる。
読了日:04月23日 著者:三上 延

2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

by bibliophile81 | 2012-05-08 14:41 | book | Comments(0)