人気ブログランキング |
BIBLIOPHILE
bibliophil.exblog.jp
book|
diary|
cinema|
bookmark|
bbs|
更新|
ブログトップ
 『灰被姫 シンデレラ~賑木挽町戯場始(にぎわうかぶきざことはじめ)』
偶然見た テレビ
第35回 俳優祭

主人公・お国(灰被姫)は、坂東玉三郎。

明治22年、歌舞伎座が 初開場したときのパーティー会場。
時はまさに鹿鳴館時代。当時としては洋風豪華建築の歌舞伎座のロビーに名士、紳士淑女が集います。

 その日の朝、築小路伯爵家では、灰被姫(玉三郎)の継母の金子(勘三郎)と二人の姉(福助・橋之助)が、豪華絢爛なパーティーに出かける支度で大忙し。灰被姫はお手伝いばかりで、パーティーには連れていってもらえません。三人を見送ってしょんぼりしている灰被姫の前に、魔法使いの老女(左團次)が現れる。
というストーリー。

玉さまは やっぱり美人。

でもって、福助さんの格好は、ヤジマ美容室のDJ OZMAの格好です。(勿論 ヤジマ美容室の歌も)

魔女の? 左團次さんも すごい衣装でした。

王子様は、海老さま。
会場での 司会進行は なんと黒柳徹子の格好をした、亀ちゃん。
そっくり!!衣装や かつらだけでなく しゃべり方まで まねしてたし~

染五郎クンの舞いもすごかったし 芝翫さんも出てるし まあ 総動員というう感じ。
すごかった。
お祭りですから、女性も出てました。
波乃久里子さんとか 水谷八重子 さんとか・・・

もし 再放送が あるなら もう一回みたい。
by bibliophile81 | 2009-06-29 10:38 | TV/cinema | Comments(0)