<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

5月の読書メーター

5月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:3834
ナイス数:661

家元を笑わせろ―笑うべきか死ぬべきか、翔ぶべきか家元を笑わせろ―笑うべきか死ぬべきか、翔ぶべきか感想
疲れた!小咄集。家元!何が面白いかわかりません。と 聞いちゃ 野暮なのね。そういうの結構あったよ。
読了日:05月03日 著者:立川 談志
向田理髪店向田理髪店感想
限界集落って 日本中にあるよね。ほのぼのとしてるけど 田舎ならではの関係が、なんか辛くもあり、頼もしさもあるような。
読了日:05月05日 著者:奥田 英朗
すきになったらすきになったら感想
おいおい、食われないか?と、つい思ってしまう。子供の純真な心を持てない私。
読了日:05月08日 著者:ヒグチユウコ
暗幕のゲルニカ暗幕のゲルニカ感想
目の調子が今一つなので、読むのに時間がかかった。
読了日:05月15日 著者:原田 マハ
ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡ウィリアム・モリス 原風景でたどるデザインの軌跡感想
知らなかった!ロセッティが妻の愛人だったとは。芸術家って、複雑だなぁ。
読了日:05月16日 著者:
ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子 (角川ホラー文庫)感想
あ、これ 以前テレビドラマで やってた原作なのね。それにしても 藤堂比奈子は、ドラマとかなり印象が 違うな。テレビドラマの方は 波瑠さんだったので、美人でクール過ぎた感じ。 どっちかというと 小説の方が のほほんとしてるようで、好きだわ。
読了日:05月17日 著者:内藤 了
あした死んでもいい片づけ 実践! ―覚悟の生前整理あした死んでもいい片づけ 実践! ―覚悟の生前整理感想
以前読んだ本が、すごく印象的だったので こっちは あまり感動しなかった。「ああ、30分と区切るのね」って感じ。少ししか できないけれど 体の動くうちに やっておかないと いけないってことなのよね。
読了日:05月17日 著者:ごんおばちゃま
潮文庫 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち<上>潮文庫 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち<上>感想
思った以上に 面白く一気読み。
読了日:05月18日 著者:ランサム・リグズ
「何もない部屋」で暮らしたい「何もない部屋」で暮らしたい感想
厳選。これに尽きるなぁ。
読了日:05月19日 著者:ミニマルライフ研究会
浮遊霊ブラジル浮遊霊ブラジル感想
頑張って読んだって感じ。この手の話は あまり好きじゃないが、「地獄」と「浮遊霊ブラジル」は面白かった。
読了日:05月21日 著者:津村 記久子
所轄―警察アンソロジー (ハルキ文庫)所轄―警察アンソロジー (ハルキ文庫)感想
アンソロジー。体調が万全でないとこれくらいの短編の方がいいわ。どれも おもしろかった~~~!!
読了日:05月21日 著者:薬丸 岳,渡辺 裕之,柚月 裕子,呉 勝浩,今野 敏
テミスの休息テミスの休息感想
じんわりと暖かいものが残る感じ。
読了日:05月23日 著者:藤岡陽子
自由学園 最高の「お食事」:95年間の伝統レシピ自由学園 最高の「お食事」:95年間の伝統レシピ感想
買ってしまった。
読了日:05月25日 著者:JIYU5074Labo
迅雷 (文春文庫)迅雷 (文春文庫)感想
あかん。電車で、この本読んでて、一駅乗り過ごしたわ。黒川さんの書く大阪の舞台は 大阪でも 北の方なので、場所が、メッチャわかるから 臨場感が半端ない。ああ面白かった!
読了日:05月25日 著者:黒川 博行
コーヒーと小説コーヒーと小説感想
たぶん昔読んだだろう、グッドバイ、桃太郎…古くても 古くない。確かに、いいものは いつまでも、いい。
読了日:05月30日 著者:

読書メーター

[PR]

by bibliophile81 | 2017-06-21 16:58 | book | Comments(0)