<   2016年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2016年8月の読書メーター

2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:36冊
読んだページ数:8706ページ
ナイス数:1061ナイス

ラプラスの魔女ラプラスの魔女感想
ラプラスって いつごろ知ったんだっけ。やっぱ ラプラス変換 かなぁ。
読了日:8月1日 著者:東野圭吾
見てわかる、「断捨離」 (マガジンハウスムック)見てわかる、「断捨離」 (マガジンハウスムック)感想
時々 こういう本で 刺激が欲しいのだよ。しかし 大分 耐性が できてしまったようだ。
読了日:8月2日 著者:
帰ってきたヒトラー 上帰ってきたヒトラー 上感想
いったい どういう風に 収束するのか…。
読了日:8月2日 著者:ティムールヴェルメシュ
硝子の太陽R-ルージュ硝子の太陽R-ルージュ感想
はい、サクサク読みました。嘘の作り話でも 警官が死ぬのは 嫌だな。
読了日:8月4日 著者:誉田哲也
花森安治のデザイン花森安治のデザイン感想
ああ、この表紙の絵には覚えがある!一世紀の後半は知ってるなぁ。阪神大地震を経験した時 持っていた雑誌を ドカンと捨てた。その中に暮らしの手帖がどっさりあったっけ。
読了日:8月4日 著者:
片付けたくなる部屋づくり ~古い2Kをすっきり心地よく住みこなす「片付けのプロ」の暮らしテクニック65~ (美人開花シリーズ)片付けたくなる部屋づくり ~古い2Kをすっきり心地よく住みこなす「片付けのプロ」の暮らしテクニック65~ (美人開花シリーズ)感想
使っている物が あり合わせでないところが スッキリ見えるコツかなぁ。いずれにしても 美的感覚がよくないと 綺麗には見えないってことよね。
読了日:8月5日 著者:本多さおり
片付けたくなる部屋づくり 2 ~暮らしを愛する整理収納コンサルタントの衣・食・住65の習慣~ (美人開花シリーズ)片付けたくなる部屋づくり 2 ~暮らしを愛する整理収納コンサルタントの衣・食・住65の習慣~ (美人開花シリーズ)感想
1と2を並べて読みました。あ、なるほどここを 変えたんだ!とか処分したのかとよくわかった。持ち物を 処分していく過程が わかったという感じ。いずれにしても 持ちすぎないってことよね。
読了日:8月5日 著者:本多さおり
お料理のレッスン七十年―私の好きなレシピ選集お料理のレッスン七十年―私の好きなレシピ選集感想
「いきいき九十歳の生活術」を 書かれたの後での著書。これは これで なかなか 面白かった。後半は レシピ集。これもいい。早速 一品作ってみた。出来上がりは、結構 手が こんでるように 見えたヨ。
読了日:8月6日 著者:黒田初子
硝子の太陽N - ノワール硝子の太陽N - ノワール感想
R→Nで 読んだけど、まぁ この順番で よかった気がする。
読了日:8月8日 著者:誉田哲也
帰ってきたヒトラー 下帰ってきたヒトラー 下感想
アドルフ・ヒトラー 一人 悪者にしちゃったドイツ人。選んだのはドイツ国民じゃないかって 常々 思ってたんだよね。ある程度 演説も長けてないと 選ばれないから、こういう感じの人でも ちっとも おかしくないと思う。
読了日:8月9日 著者:ティムールヴェルメシュ
ザ・カルテル (上) (角川文庫)ザ・カルテル (上) (角川文庫)感想
まず、地名なのか、名称なのか、姓なのか、名なのか…。悪戦苦闘。登場人物多すぎ。後半で やっと 名前の一覧を 見ないで読める。いや 確かに北米人の麻薬問題が 一番の原因だネ。早く下が来ないかな。
読了日:8月13日 著者:ドン・ウィンズロウ
もっと知りたいパリの収納もっと知りたいパリの収納感想
パリってだけで、こじゃれた感はあるが、それほど、参考にならなかった。
読了日:8月14日 著者:本多さおり
緑衣のメトセラ緑衣のメトセラ感想
不破院長って 善意の人なのか、悪意の人なのか 最後までわからなかった。それに、桂医師も 中途半端だったなぁ。結局 最後が なんだかなぁ。
読了日:8月15日 著者:福田和代
べんり屋、寺岡の秋。 (文研じゅべにーる)べんり屋、寺岡の秋。 (文研じゅべにーる)感想
これもなかなかコージーだった。潮風プリン食べたい!
読了日:8月15日 著者:中山聖子
べんり屋、寺岡の冬。 (文研じゅべにーる)べんり屋、寺岡の冬。 (文研じゅべにーる)感想
親友 真帆ちゃんの話。小学生なのに しっかりしてるわ。って、お話なんやけどね。
読了日:8月16日 著者:中山聖子
べんり屋、寺岡の春。 (文研じゅべにーる)べんり屋、寺岡の春。 (文研じゅべにーる)感想
べんり屋シリーズ4作目。続けて読むと、第一作が 本当に よくできてたなと。なんだか 自分も 尾道に 住んでるような気に なるワ。
読了日:8月16日 著者:中山聖子
フランス人がときめいた日本の美術館フランス人がときめいた日本の美術館感想
うーん。日本に 観光できた外国人向けの本のようだ。(翻訳ものだし)それで 東京中心。京都の部分は、しっかりチェック。行ってないよ~~。かつて、学生時代 美術館巡りが 趣味だったが、こんなに 多くはなかったものねぇ。
読了日:8月17日 著者:ソフィーリチャード

More
[PR]

by bibliophile81 | 2016-09-01 11:06 | Comments(0)