<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2011年お出かけまとめ

1/17 仙洞御所
1/26 【筆墨精神】~京都国立博物館
2/3  千本釈迦堂~京都・上七軒(節分)
2/10 【ルーシーリー展】~大阪市立東洋陶磁美術館
2/21 修学院離宮
3/16 【ラファエル前派からウィリアム・モリスへ】~えき美術館
4/5  平野神社(花見)
4/11 二条城(花見)
4/13 【パウル・クレー展】~京都国立近代美術館
     インクライン・琵琶湖疏水(花見)
5/6  平等院 (藤 見)
5/27 東京国立近代美術館
     はとバスにてパノラマドライブ・浅草
5/28 【写楽】~東京国立博物館
6/3  【歌川国芳展】~大阪市立美術館
6/6  鳥羽
6/7  鳥羽水族館・ミキモト真珠島 ・伊勢神宮(外宮)
7/6  【青木繁展】~京都国立近代美術館
    【草乃しずか日本刺繍展】~えき美術館
7/10 祇園祭 宵々山
7/29 【フェルメールからのラブレター】~京都市立美術館
8/30 【ハンブルク浮世絵コレクション展】~相国寺承天閣美術館
    【魔法のはさみ】~えき美術館
9/20 【ワシントン・ナショナルギャラりー展】~京都市立美術館
    【江里佐代子の世界】~中信美術館
9/28 【荻須高徳展】~えき美術館
10/3 【大和の三門跡寺院の美と文化展】~大阪・高島屋
10/8 【帰ってきた江戸絵画展】~京都文化博物館
    【ジパング展】~京都・高島屋
10/31【正倉院展】~奈良国立博物館
11/10【和ガラスの神髄】~神戸市立博物館
11/17【細川家の至宝」~京都国立博物館
11/24桂離宮
    野村美術館
    永観堂(紅葉)
11/30修学院離宮
    赤山禅院(紅葉)
    曼殊院門跡(紅葉)
    圓光寺(紅葉)
    詩仙堂丈山寺(紅葉)
12/9【京の小袖】~京都文化博物館
   【夢二とともに】~京都国立近代美術館
   【ガレとドーム】~えき美術館


2011年は、桂離宮などの、紅葉が 見ることが できた。
2012年は 花見ができそう。3月末の予約が 取れた。
[PR]

by bibliophile81 | 2012-01-16 09:13 | おでかけ | Comments(0)

◎12月の読書メーター

12月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:2784ページ
ナイス数:107ナイス

家族の勝手でしょ!写真274枚で見る食卓の喜劇家族の勝手でしょ!写真274枚で見る食卓の喜劇
確かに 勝手だが、ぞっと する。 もう ホラーに ちかい。 写真は 計算すると、調査総数の4%。これは 特殊な例なのか。でも こういう家庭が あるのは 間違いないわけだ。
読了日:12月02日 著者:岩村 暢子
残したい日本語残したい日本語
読了日:12月03日 著者:森朝男,古橋信孝
恋愛美術館恋愛美術館
ピカソの話が衝撃的だった。ロダンの話も、知らなかったし・・。
読了日:12月07日 著者:西岡 文彦
シンプルに暮らすシンプルに暮らす
住居に関する本だと思ったら大間違いだったが、読んでよかった。l
読了日:12月10日 著者:ドミニック・ローホー
コシノ洋装店ものがたり (講談社プラスアルファ文庫)コシノ洋装店ものがたり (講談社プラスアルファ文庫)
この話から朝ドラは、どんな展開になるのか楽しみだわ。
読了日:12月11日 著者:小篠 綾子
アンフェアな月-----刑事 雪平夏見アンフェアな月-----刑事 雪平夏見
雪平=篠原、安藤=瑛太のコンビで読んじゃった。
読了日:12月14日 著者:秦 建日子
日本人は何を捨ててきたのか: 思想家・鶴見俊輔の肉声日本人は何を捨ててきたのか: 思想家・鶴見俊輔の肉声
対談は 読みやすい。鶴見俊輔氏の生きてきた世界が、すごい。彼の子供当時の世界の狭いこと。エリート?たちの子が 小学校にひしめき合ってる感じがなんともいえない。一番になれる力が あるからこそ 一番病だと 批判できるのよね。
読了日:12月16日 著者:鶴見 俊輔,関川 夏央
仏果を得ず仏果を得ず
エッセイかと思ったら 小説だった。
読了日:12月18日 著者:三浦 しをん
奔る合戦屋奔る合戦屋
面白かったわ。ヤッパリ 上に立つものが しっかりしてないとなぁ。
読了日:12月21日 著者:北沢 秋
平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学平気でうそをつく人たち―虚偽と邪悪の心理学
これってアメリカ人(欧米人)の話って感じ。だから アメリカではこういう商売(カウンセラー) が 儲かるんだろうな。
読了日:12月23日 著者:M.スコット ペック

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

[PR]

by bibliophile81 | 2012-01-01 08:06 | book | Comments(0)