<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

修学院離宮

e0086378_1015215.jpg

修学院にて。


e0086378_10172652.jpg

[PR]

by bibliophile81 | 2011-02-21 10:14 | おでかけ | Comments(0)

ルーシーリー展

e0086378_9412046.gif
会期が終わりに近づいていたルーシーリー展に行ってきました。
昨年末から行く予定だったのですが、友人と一緒に行こうといっていたけれど友人の都合が付かず延び延びになっていました。
気が付くと、もう会期も終盤。あわてて 昨日 一人で 行くことにしました。
小雨の中、平日だし きっと 人も 少ないだろうと 安易に考えていましたが、甘かった。
結構 人が 次々に入っています。それでも 待つこともなく 美術館の 中に。
映像紹介も ゆっくり 座って 見ました。作品もスムーズに見ることができ、ミュージアムショップで お土産も 買い ルンルンして 出てきたら びっくり。e0086378_1054689.jpge0086378_145044.jpg
先ほどとは うって変わって、美術館に 入るのにも 長い列。
お客さんと 警備員さんの 会話を 小耳に挟むと、土日は もっとすごいですよ・・・
そんなに 盛況だったなんて 知らなかった。
ヤッパリ 雨の平日だったから 良かったのかも。

行ってよかったわ。

写真はお土産の小型のトートバッグ。


ところが帰り、いつもと違う 地下の入り口から入ったら、どうやら 迷子に。
カードで 入った 乗り場は なんと京阪だった。
あわてて 地下鉄と間違いましたと 出してもらう。歩いていった先は北浜ではなく淀屋橋。
どうやら 東に行くべきところを 西に 歩いていたらしい。
淀屋橋で乗って、乗り換えたらいいのだけど、面倒なので、結局 また元の方向に 歩いて戻る。
なんだかすごく恥ずかしい。だって方向音痴じゃないつもりだったから。
どうも 地下は苦手。
階段をくるくる回った時点で 方向感覚が なくなってる気がする。

地上だったら 迷うことなんか ないん だけれど・・・。

ああ 恥ずかしい。
e0086378_146212.jpg

[PR]

by bibliophile81 | 2011-02-10 09:51 | ART | Comments(0)

今年の節分は

京都・上七軒にある 千本釈迦堂に・・・
e0086378_917581.jpg

まだ、少し時間が早いので人は少ないが・・・。
e0086378_9183137.jpg

こういう予定。

おかめさんも今日は豪華な打掛。
e0086378_9195332.jpg

このゆるキャラは、第26回国民文化祭・京都2011のマスコットキャラクターの 「まゆまろ」ちゃんです。
出張だそうです。
e0086378_9205895.jpg


木遣り。
e0086378_92128100.jpg


見物人をかき分け・・おかめ像まで行って、
e0086378_922292.jpg

戻ってきます。
e0086378_9224495.jpg

茂山社中の狂言 鬼追いの儀が 始まりました。
e0086378_9235658.jpg

e0086378_9243018.jpg

e0086378_9245648.jpg
e0086378_9251089.jpg
e0086378_9252493.jpg


やっと 豆まき開始です。
e0086378_9255125.jpg



今年は 8本まきました。
e0086378_926528.jpg

[PR]

by bibliophile81 | 2011-02-03 17:14 | おでかけ | Comments(0)

2011年1月の読書

1月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3046ページ

ロードサイド・クロスロードサイド・クロス
読了日:01月04日 著者:ジェフリー・ディーヴァー
残酷な王と悲しみの王妃残酷な王と悲しみの王妃
コレは、絵画よりも ヨーロッパの王朝歴史 中心。
読了日:01月05日 著者:中野 京子
神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)神の棘 1 (ハヤカワ・ミステリワールド)
読了日:01月07日 著者:須賀 しのぶ
和菓子のアン和菓子のアン
ほっこり。和菓子が 食べたくなるな。
読了日:01月10日 著者:坂木 司
超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)超マクロ展望 世界経済の真実 (集英社新書)
対談形式は読みやすいな。歴史的に見るとこうなのか。
読了日:01月13日 著者:水野 和夫,萱野 稔人
画家たちの「戦争」 (とんぼの本)画家たちの「戦争」 (とんぼの本)
絵って、見方によって 変化するよ。なんだか 体制に阿てるのは どっちかって 気もする。戦争画を書くってこと描かねばならない状況だったことと、戦犯とは違うような気がするし、戦争に協力したということなら 日本国民全員だと思う。
読了日:01月16日 著者:神坂 次郎,河田 明久,丹尾 安典,福富 太郎
世界のシェー (よりみちパン!セ)世界のシェー (よりみちパン!セ)
平和な?写真集。しかし写真の背後をつい考えさせられてしまう。日本て平和だ。
読了日:01月16日 著者:平沼 正弘
おれのおばさんおれのおばさん
なぜか、オレの中のおばさん的性質、と思い込んで変な話だな・・・と思ってた。そういう風に想像したこと自体馬鹿なのだが、読み始めて すぐに 違うと 気が付いたのだが、何故そんな風に想像したのかと 苦笑。
読了日:01月21日 著者:佐川 光晴
東電OL殺人事件 (新潮文庫)東電OL殺人事件 (新潮文庫)
稼いだお金が気になってしまう私って・・・!!!
読了日:01月27日 著者:佐野 眞一
かくして冥王星は降格された―太陽系第9番惑星をめぐる大論争のすべてかくして冥王星は降格された―太陽系第9番惑星をめぐる大論争のすべて
ふ~ん。そうかぁ。
読了日:01月27日 著者:ニール・ドグラース タイソン

読書メーター

[PR]

by bibliophile81 | 2011-02-01 15:00 | book | Comments(0)