<   2008年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

my best 2008年

12/29現在で 281冊読了。

281冊のうち、小説でない本、新書(32)、ノンフィクション、実用書など、108冊。
172冊の小説のうち翻訳モノ28冊

その中で心に残っている本を振り返ってみる。

ノンフィクション
「インテリジェンス武器なき戦争」 手嶋 龍一,佐藤 優
「ヨシアキは戦争で生まれ戦争で死んだ」面高 直子
「ピンポンさん 」 城島 充 
「あの戦争から遠く離れて―私につながる歴史をたどる旅 」城戸 久枝
「そこに日本人がいた!―海を渡ったご先祖様たち 」熊田 忠雄
「歪んだ正義―特捜検察の語られざる真相」宮本 雅史
「戦いに終わりなし―最新アジアビジネス熱風録」江上 剛
「シービスケット あるアメリカ競走馬の伝説 」ローラ・ヒレンブランド
「その数学が戦略を決める」イアン・エアーズ
「エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ」ジョン パーキンス
「私はフェルメール 20世紀最大の贋作事件」フランク・ウイン
「怖い絵」中野京子
「甘粕正彦乱心の曠野」 佐野 眞一
「政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年」 ジェラルド・カーティス

*新書
「ラジオの戦争責任」坂本慎一
「常識はウソだらけ」 日垣 隆
「黒いスイス」 福原 直樹
*エッセイ
「役にたたない日々」佐野洋子


小説
「すじぼり 」福澤 徹三
「蒼煌」黒川 博行
「沈底魚」曽根 圭介
「越境捜査」笹本 稜平
「オレたち花のバブル組」池井戸 潤
「ギフト」日明 恩
「カラスの親指 by rule of CROW’s thumb」道尾 秀介
「ジョーカー・ゲーム 」 柳 広司
*シリーズもの
精霊の守り人」上橋 菜穂子
「断鎖 Escape」 五條 瑛

*時代物
「天璋院篤姫」宮尾 登美子
「影武者徳川家康」隆慶一郎
「算学武芸帳」金 重明
「覇王の番人 」真保裕一
「美女いくさ」 諸田 玲子
*海外
「スリーピング・ドール」ジェフリー・ディーヴァー
「運命の書 」ブラッド・メルツァー
「NEXT 」マイクル・クライトン
「戦慄 」コーディ・マクファディン
「チャイルド44 」トム・ロブ・スミス
「13番目の物語 」ダイアン・セッターフィールド
「漂泊の王の伝説」 ラウラ・ガジェゴ ガルシア


 増える一方だから、もう少し絞りたいなぁ。

無理やり選んだbest10~赤字
[PR]

by bibliophile81 | 2008-12-30 08:49 | book | Comments(2)

◎12月の読了本(22冊)

彼の会社の営業は 今日まで。
ということで 明日からは あんまり 更新できそうもない。
だって 彼は、パソコンから 離れないもの。
情報も ゲームも あるしなぁ。

尤も 彼が、遊んでなくても 私が パソコンで遊んでいたら機嫌が悪いしなぁ。

ということで~
鬼のいぬまに 今年の本の集計でも しておくか~。

ということで

e0086378_15164863.jpg



「ずっとお城で暮らしてる」 シャーリィ ジャクスン
「現代の物質観とアインシュタインの夢」 益川 敏英
「漂泊の王の伝説」 ラウラ・ガジェゴ ガルシア
「ジョーカー・ゲーム 」 柳 広司
「聞き屋与平―江戸夜咄草」 宇江佐 真理
「揺りかごの上で」 大山 尚利
「緋迷宮 」 結城 信孝 編
「国語入試問題必勝法」 清水 義範
「春のワルツ前編」 キム ジヨン ,ファン ダウン
「春のワルツ後編」 キム ジヨン ,ファン ダウン
「蒼迷宮 」 結城 信孝 編
「大人の見識」 阿川 弘之*
「もっと朝バナナダイエット」 はまち。
「美女いくさ」 諸田 玲子
「統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?」 門倉 貴史*
「さよなら渓谷」 吉田修一
「甘粕正彦乱心の曠野」 佐野 眞一 クローバー
「コスプレ-なぜ日本人は制服が好きなのか 」 三田村 蕗子*
「改造版 少年アリス」 長野まゆみ
「女性の品格」 坂東 眞理子*
「黒百合」 多島 斗志之
「政治と秋刀魚 日本と暮らして四五年」 ジェラルド・カーティス

12月合計 22冊:08年 総計280冊
うち*新書  4冊 計32冊

:面白かった。好き。

現時点(12/27朝)で 22冊、あと少し増えるかも。

【反省】
300冊超えて いなかった。
新書も 60冊いかなかった。
松本清張も 読むつもりで 結局 読んでいない。

280冊のうち、小説でない本、新書、ノンフィクション、実用書など、108冊。
172冊の小説のうち翻訳モノ28冊
[PR]

by bibliophile81 | 2008-12-27 15:15 | book | Comments(0)

遊んじゃった!

表 書いたりしながら 暇つぶし しちゃった?!

次男:就職説明会?企業訪問。
三男:ゼミ室の大掃除
連れ合い:会社

長男自室の大掃除(してるのかなぁ?)

普段の土曜日とは ずいぶん違う。

今日で図書室お休みだ~
また借りたい本が 出てきたよ~

やっぱり 我慢よね。
いっぱい 借りてるんだし。
と自分に言い聞かせる。
[PR]

by bibliophile81 | 2008-12-27 15:13 | つぶやき | Comments(0)

リース

毎年クリスマスか正月の花を 整えてもらってる Yさんの教室で今年はリースを 作った。
e0086378_1540823.jpg

 2006年 
e0086378_15402770.jpg


2007年 
e0086378_15404155.jpg


2008年
[PR]

by bibliophile81 | 2008-12-25 15:39 | 日常 | Comments(0)

さて

やっぱり、ノンフィクションが好きかも。
『政治と秋刀魚』面白い!
40年もの間 ニホンを見つめたそうで、私の知っている日本を アメリカ人から どう見えているのか 知るのは 面白い。
東京オリンピック前に来日している ああ 懐かしい日本が・・・


黒百合は、時代的には、話の方が 古いけれど、まだ 開発が さほど無いころの神戸を 知っているので、なんか 懐かしい気分。
宝急と描かれてる おそらく阪急の 梅田の百貨店は、子供のころ見たあの感じなんだろうと思う。

そういえば、阪神に下りる階段のところにある エレベーターは、一階の乗り場が 時計の上半分のような文字盤と針で 何階だとわかる形が 子供のころと 変わらない。
最近がらりと 模様替えをしているから あれは なくなるのかも しれないなぁ。
阪急電車の乗り場は 昔に 比べ ずいぶん位置が 変わったけれど。

「黒百合」は 予約が はいっているようなので 返却に 今日も図書館に。
で また 本を 借りてしまう、浅はかさ。
[PR]

by bibliophile81 | 2008-12-25 15:20 | つぶやき | Comments(0)

クリスマス

何故だか わからないけれど、友人たちから クリスマスケーキや、ゴディバのチョコレートが 届く。
長年 お付き合いのある方たち なんだ けれど、クリスマスプレゼントは 初めて。

戸惑うやら、お返しを どうするかと 悩むやら。
まったく どういった理由なのかしら・・・

ここには 彼女たちは 来ないから 書いちゃった。 
うれしいけれど 実は、戸惑いの方が 大きい。
[PR]

by bibliophile81 | 2008-12-25 15:20 | つぶやき | Comments(0)

蔵書票

e0086378_15215836.jpg関西学院大学で 催されていた蔵書票の展示を 見に行った。

蔵書票の「大蒐集家」原野賢吉氏の膨大なコレクションの一部255点を紹介。

明日まで。
[PR]

by bibliophile81 | 2008-12-19 15:21 | ART | Comments(0)

甘粕

今読んでる「甘粕正彦」面白い!!

こんなん読んでたら はまっちゃうよ~~

キッパリやめて、銀行に いかなきゃ。
三時のおやつじゃないけれど、それまでには用事済ませようっと。
[PR]

by bibliophile81 | 2008-12-18 15:25 | book | Comments(0)

散財

銀行とか、行ってきました。

ああ 散財しちゃった。
クリスマスカードに、携帯のデコシール♡1859円

●スキットマン
●メタルペンホルダー
見つけた。

といっても「メタルペンホルダー」は loftに 二本用があったから、一本用が 新しく入ってるか 確認に行った。609円
そのあと 無印に 行ったらスキットマンと同じタイプの説明書入れがあったので即購入。1470円
さらに 本屋で、

買っちゃった。

そうそう。ヒーテックというのはどんなものか、ユニクロにも ちょっとよってみた。
さすがに 売り切れで、黒のXLのサイズのみ。
手触りといい デザインといい ジャスコで買ったのと似ている。
値段は ジャスコのは 980円だった。

結局、無印で スパッツ1050円を 買って 帰宅。

やっぱり すごく散財したわ
[PR]

by bibliophile81 | 2008-12-18 15:24 | 日常 | Comments(0)

NHKのまちかど情報室で・・・

気になった商品
エアペンミニ


フロートクリア 洗濯用


スキットマン


ライトウェッジ


メタルペンホルダー


忘れないようにメモ。
[PR]

by bibliophile81 | 2008-12-17 15:28 | メモ | Comments(0)