<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ブログデザイン。その11

リンクの文字の色を変える。
桜の時期も 終わりだし、ピンク系統から グレーに。
シックになったかなぁ。

よく使うのが、ここ段階的に変わるのもいいかなと。
[PR]

by bibliophile81 | 2006-04-28 18:16 | つぶやき | Comments(0)

MISHIMA

時々、こうやって、行き違いのことが ある。
悔しいなぁ。

石岡瑛子さんの『私デザイン』を 読んでいたら、「MISHIMA」という映画が一番最初の章だった。これは、90年代の映画だから 結構古い。
緒形拳が三島だそうだ。沢田研二や、佐藤浩市も出る。ベネチア映画祭で賞も取った、日米合作だけどアメリカ映画。
どんな理由か わからないが 日本では 公開されていない映画らしい。
(この映画で 美術監督をしたのが この石岡さん。;未公開の理由は 遺族の反対らしい)

どんな映画かと、検索したら。

なんと、彼女がこの4月20日に 京都造形芸術大学で、講演があったらしい。
しかも、どうやら この映画も そこで 上演したらしい。しかも 入場無料。
行けるところで あったのに~

ううう、一週間 気がつくのが、遅かった。悔しすぎ。

見たいなぁ。この映画。
これは もうアマゾンで 輸入か?
[PR]

by bibliophile81 | 2006-04-27 13:28 | book | Comments(4)

 友達

昨日の未明 友達が 突然なくなった。

年齢は、私と あまり 変わらない。一番下のお嬢さんは、高校生だ。

急だった。風邪を、こじらせたらしいという。22日入院 25日逝去。
そんなのアリ?

離れているが、そこそこ 手紙のやり取りはある。
メールでもしていたら もっと 頻繁にやり取りしていたかもしれないが、残念ながらあまりメールとかはしない人だった。
若い頃、まだ お互いの三番目が 赤ちゃんだった頃、彼女の子供なら 間違いないと 思って、家の三男を 婿に してね。と 言っていた。
そんな 仲だった。

その彼女の あまりにも 突然の死だ。
なんだか 呆然と言う感じ。


弔電を 打とうと思って、困った。喪主である、彼女の旦那さんの名前が わからないのだ。
いつも 個人名の年賀状だったし、あわてて 古い賀状を 探し回った。

結局 他の友人から聞いて弔電を打ったが、年賀所は 夫婦連名で 出さないといけないと 反省した。

友人のアドレスのどこかには、夫や子供の 名前も 入れておかないと と思ってしまった。


e0086378_11161382.gif

e0086378_11231882.gif
冬ソナ④

とはいえ、見てしまった 冬ソナ。

ユジン(チェジウ*崔志宇)の前にミニョン(ヨン様*裴勇俊)が出現。なんという偶然。取引会社の理事が、ミニョンだった。担当になって、動揺するユジン。
ミニョンに会えば、死んだはずのチュンサンを思い出す。
ミニョンの恋人(のつもり)で、 高校時代からのライバル? チェリンは、面白くない。

恋敵は、辛いね。
それにしても 婚約者が だらしないかも。
こういうイライラがついつい癖になるのかも。

何が気になるといって、韓国のお店。綺麗なお店がいっぱい。
よく テレビで 見るあのぐちゃぐちゃな 感じでなく お店が スマートなのよね。
スキー場も綺麗だった。
韓国には、こんなに綺麗なスキー場があるんだ。

それにしても 韓国の男子の兵役は どうなのよ。
10年会わないうちに 済ませたってことか?
つまらないことをつい考えてしまった。
[PR]

by bibliophile81 | 2006-04-26 11:42 | つぶやき | Comments(4)

衣替え

昨日、出ていたストーブを片付けた。
今日は 雨模様で 肌寒い。
まだ 灯油が 残っているストーブは片付けていないが、洋服の衣替えは まだ出来そうもない。
もう北海道の出張もないだろうし、そろそろ 片付けてもいいのは、冬コートぐらいかな。

e0086378_11161382.gif

e0086378_11231882.gif
ノート


計画好きなので 早速 掃除計画?ノートを作成。
効率よくするには 目に見えるように、しないと やはりだめだろう。
小さく区分けしてみた。
何日でローテーションを まわしていけばいいかな。

経てただけでは だめだろうから 早速取り掛かろう。
三日坊主に ならなければよいが。
e0086378_11161382.gif

e0086378_11231882.gif
老化?

昨日 突然連れ合いから 漢字の問題を 出された。「ブッソウ」って書ける?
仏僧?エ????何いってるのかわからなかったのでわからないと答えたら「物騒」じゃないかと馬鹿にされた。
しばらくして、「すこぶる」は?と聞かれて、全面降参。
「頗る」じゃん。読めるの?本読んでても 教養ないねぇ。
家で 一番だめなんじゃないの? だって。ああ悔しい。

最近 確かに、字が書けない。読むほうは そうでもないと 思うけど、書くほうは、パソコンで変換して 選ぶだけだからなぁ。 ホント悔しい!!
[PR]

by bibliophile81 | 2006-04-25 09:31 | つぶやき | Comments(2)

平日

暖かい日。もう ストーブは 要らないかなぁ。
取り敢えず、片付けることに。

やらなくてはいけないこと。
取扱説明書の片付け。 
すでに廃棄してしまった電化製品のものまで 置いているような気が する。
何でこんなに、不必要なものまで溜め込んでいるのかと、イヤになる。

いつかしようと思ってずーっとそのまま。

今日 しなかったら 結局 しないかもしれないなぁ。
取り敢えず いるか要らないかの判断さえ、考えたくないわけね。

やっぱりちょっと前に進まなきゃなぁ。
e0086378_11161382.gif

e0086378_11231882.gif
朝ドラ

朝ドラで、井川遥演ずる ヒロインの姉が、嫁ぎ先でいじめ?にあっているが、まあ 旦那さんがよく点検すると関心。
やること決まっていたら 如何に効率よくやるか、考えたら 楽だろうなと思うのだが。
主婦って、何をやるか 考えるのが 一番大変だ と常々思う。
だって やり始めたらキリが ないからねぇ。
それを、やることを、ノートに書いて もらって、それを ちゃんとやってればいいなんて、考えようによったら それ以外は しなくていいってことだからねぇ。
あのノート、欲しいわ。
私それ 済んだら 一切 他のことは しませんって。
見る限りそんなに大邸宅ではないし、毎日だから、要領よく、手抜きは 出来るしねぇ。
なんて考えながら見てしまった。
もし毎日大変なんていうなら ずばり、それは やり方が間違ってるのでしょう。
そんなことないか。 
主婦が 一番重労働のときだもんなぁ。
[PR]

by bibliophile81 | 2006-04-24 12:12 | つぶやき | Comments(0)

自転車

こぐこぐ
もう メッチャ面白かった。
この伊藤礼さんは あの整さんの息子さん。
私なんか 伊藤整さんは「チャタレー夫人」しか連想できないけど、やっぱり息子である、礼さんも 大学教授で 翻訳家でもあったようだ。
とにかく話がうまい。ガンガン読ませる。

何が といってページを くるたび 私のツボに 入ったというのかな。
あとがきに、書名考察で、
「古希老人自転車日記」「突然目覚めてサイクリスト」「元気自転車」「新サイクリスト読本」「徘徊自転車」「天国は自転車で」
もうこれ読んだだけで笑ってしまう。
「こぐこぐ自転車」が「ちゃぐちゃぐ馬っこ」に似てるとかいいだしてるし~

もうこの素敵なオジサマが、妄想はするは、悪態はつくは、自転車は何台も買うは、付いてけません。お金持ちなんですね。10万もする自転車を パッと買って帰るなんて。

で うらやましく思ったのは 定年後みんなで 遊べる お友達が 存在すること。
おそらくは 皆様 それなりのお方 ではないかと 拝察する。

ともかく お年を 召した方が お元気なこと。面白かった~。
[PR]

by bibliophile81 | 2006-04-21 16:33 | つぶやき | Comments(2)

反省

食品加工の添加物に関して、子供が幼児の時は 気をつけていた。
パンも、お菓子も手作り、マヨネーズもドレッシングも ほとんど手作り。
ミートソースだってソーセージだって つくっていたっけ。

だいたい 市販品のお菓子は 遠足のときだけだったよなぁ。


いつぐらいからだろう、簡単な市販品に戻してしまったのは。
この本を読んだらぞっとする。
しかも 朝食食べて 読み出したらやめられず 読みきった。

ふと見たら、朝食の皿が テーブルに残っている。
うへっ 市販品のドレッシングかけたサラダ食べたぞ。
ソーセージも食べたぞ。パンも・・・。

やっぱり考えよう。
最近、手抜きしていたなぁ。
e0086378_11161382.gif

e0086378_11231882.gif
冬ソナ。
突っ込みたくなる、3回目。
なぜか 主人公?のヨン様演じる ジュンサンが 交通事故。
死んじゃったって?
でも 葬式しないで友達だけで、お別れ会?
おお、なぜか、ライター持ってる韓国高校生。いいのか?そんなもの持ってて。
次は、?年後か。ユジンとサンヒョクの婚約式。(婚約式ってやるんだ。「約束」って聞こえる韓国語。)そこにジュンサンそっくりな人を見かけ、ユジンは追いかける、
追っかけるか~婚約式の日に。
他人の空似と 思わないところが すごい ユジン。
「君の名は」も すごいが このすれ違いがそういう悲恋の本道を歩んでいるのかな。
[PR]

by bibliophile81 | 2006-04-19 11:42 | つぶやき | Comments(4)

桜の通り抜け

e0086378_1627319.jpg

e0086378_16292822.jpg
e0086378_1630371.jpg

満開。
人並みは 去年より少なかった気がする。e0086378_16331775.jpg
近くの藤田邸跡の庭。
藤田美術館というのもあったので入った。茶道具と香炉の展示を見る。
仁清が美しい。
←クリックしたら 写真が 大きくなります。
[PR]

by bibliophile81 | 2006-04-18 16:30 | おでかけ | Comments(2)

うららさん、さちこさん、てまりさん、ゆーらっぷさん、マリンさん、おくさま

たまさんから ご指名いただいてきましたー。
ともかく答えてみます。

1) 回してくれた方の印象をどうぞ

しっとりした 雰囲気。出来る 切れ者、しっかり者の感じ。

2) 周りから見た自分はどんな子だと思われていますか?5つ述べてください。

●変わり者(と学生時代は 思われていた)
●器用
●テキパキ 何でもできる人(出来ないっちゅうねん)
●なんでも知っている(知ってる、わけないけど)
●がさつ(これは 連れ合いの弁)

3) 自分の好きな人間性について5つ述べてください。

●知識人(これって人間性かしら?)
●信頼できる人
●自分に哲学(思想)を持っている
●思慮深い
●やさしさがある

4) では反対に嫌いなタイプは?

●馬鹿
●不躾
●自分勝手な傍若無人
●考え方が 中途半端
●意地悪な人


5) 自分がこうなりたいと思う理想像とかありますか?

黙って すべてを許せる観音様かな

6) 自分の事を慕ってくれる人に叫んでください。

よっしゃ まかしとき!(と言えたらいいな。)

7) そんな大好きな人にバトンタッチ5名!<印象つき>

私は、今まで バトンを 頂いたことが ありません。
嬉しがって 書いてしまいました。
さらに、失礼を 顧みず5名の方を ご指名します。
ごめんなさい。もちろん 無視してくださって結構です。


●うららさん<優しい おっとりした感じ>
●さちこさん<スマートな都会派>・・・ブログではないけど・・・
●てまりさん<たくましいお母さん>
●ゆーらっぷさん<家庭的な感じ>
●マリンさん<案外 野外活動派の感じ>

●おくさまさん<楽しく冗談のわかる人>

(ブログでないさちこさんを指名したのでもう一人。
きっと 他からも ご指名ががかかるだろうけど、どうしてもはずせない、おくさまも書かせていただきました。)

8) タイトルに回す人の名前を入れてびっくりさせてください。

とあるので書いてみました。
失礼しました~~

e0086378_11161382.gif

e0086378_11231882.gif
追記 バトンたどってみました。

3人くらいたどれましたが、それから先は 諦めました。
たまさんの前のブラッドさん
その前の図書館員な女のスズモモさん
その前の かずかずさんここでストップ。残念。

ともかく 相手が 見ていなかったら それで 終わりだし、見なかった 振りしてもらってもいい。
相手にぽんと 送るような、押し付けがましいところがないのが いいと思って 書いてしまった。

結構 自分を 見つめなおせてよかったな。
怖い気もするが、理想というのが 見えてくる。むふふ。
[PR]

by bibliophile81 | 2006-04-13 14:27 | つぶやき | Comments(14)

藤田!

ネットは情報の宝庫。
新刊本も結構目に付くし。展覧会も。
藤田の展覧会が、京都であるのを知った。

ウウ 絶対に行きたい。 

生誕120年 
藤田嗣治展 パリを魅了した異邦人


5/30~7/23だ。
前売り(4/1~4/30)を 買わなければ。
e0086378_12422681.gif

e0086378_11161382.gif

e0086378_11231882.gif
追記

藤田の展覧会はなかなか開かれないと、読んだ覚えがある。

かつて、戦争礼賛の絵画を描いた事を、批判された?ことで フランスに 行ったまま 帰ってこなかったとか言う事情と、遺族である奥さんとの いざこざで、戦後開けそうだった絵画展が駄目になって そのまま遺恨が残り 結果として その後一切 開くことが 出来なくなったとか、
ちがっているかもしれないが、ともかく 彼の展覧会はすごく 珍しいことではないだろうか。
ファンとしては もう絶対に 見に行かねば。

彼の絵は、ひろしま美術館で 見たのが 最初だったか、石橋美術館が 最初だったか、あれから 美術館の常設を見るにつけ 彼の作品を 探していたような 気がする。

秋田の平野政吉美術館で 多くの絵を見て以来 一度に多くの絵を 見ることはない。
楽しみだ。
[PR]

by bibliophile81 | 2006-04-13 11:29 | つぶやき | Comments(0)