<   2005年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ビブリオフィル

奥本 大三郎 氏の「東京美術骨董繁盛記」を読んで知った言葉。
なんとなく気に入った。名前も変えたかったし、そこでブログ名とした。

愛書家?本好き?と言ってもきっとお高い本なんでしょうなぁ。
おそらく西欧社会で言う蔵書家かと いったあたりかも。

BIBLIO-(本)+-PHILE(愛好家 ~を好む者)



この、ブログの名前の由来です。
ちなみに、ここのほかに
Book Review読書記録
Bookmark Collectionしおりのコレクション
Cinema Review映画DVDの観覧記録
のブログが あります。
[PR]

by bibliophile81 | 2005-09-30 18:11 | プロフィール | Comments(0)

幻想小説

幻想小説。
体調や読む時期によってかなり左右される。
今回は時間がかかった。

しかし 体の中で熟成されるのか 後になって忘れられない本が多い。
今回も そうかもしれない。
かなり我慢して読んだが すでに もう一度読みたい 気分になっている。
[PR]

by bibliophile81 | 2005-09-30 12:09 | 日常 | Comments(0)

デザイナー

昼ドラで、一条ゆかりの「デザイナー」が始まると言う。
それって若かりし頃、「リボン」で読んだあの漫画だぞ。
そういうのが映像化されるのかぁ。
確かに面白かった。
朱鷺も柾も魅力的だったなぁ。
[PR]

by bibliophile81 | 2005-09-29 10:06 | 日常 | Comments(0)

デ・キリコ展

『異次元の森へ迷い込む時 Giorgio de Chirico 巨匠 デ・キリコ展』
友人から招待券をもらい、梅田大丸で開催されているキリコ展に行く。
祭日にもかかわらず人出は 少ない。
素描、彫刻を含めて110余点だそうだ。
彫刻 彫塑?は 始めてみた。




[PR]

by bibliophile81 | 2005-09-24 15:21 | ART | Comments(0)

レオノール・フィニ展/ベルリンの至宝展

友人からもらった券で、レオノール・フィニ展に 行く。
彼女はレオノーラ・キャリントンと同時期の作家。
やはり幻想的な絵を描く。
猫の絵が多い。
舞台衣装などの作品も展示。
映画製作もするらしく、ビデオ映像の上映もあった。

食事をしてから神戸へ。
ベルリンの至宝展に 行く。
レオノールフィニは思ったよりも多くの作品が合って、満足。

ベルリンのほうは見ごたえあったが、朝からの はしごだったので満腹と言う感じ。
帰りにトンボ玉ミュージアムにも寄った。
くたびれたが充実の 一日だった。

残念なのは、カメラ不調のため外観も撮影できなかったこと。
買ったばっかりなのに~
ちゃんとなるんだろうか?
修理か?
いやになるなぁ。
[PR]

by bibliophile81 | 2005-09-02 15:28 | ART | Comments(0)