2016年11月の読書メーター

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:4579ページ
ナイス数:784ナイス

エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ (講談社タイガ)エチュード春一番 第二曲 三日月のボレロ (講談社タイガ)感想
結構、ドキドキしちゃう展開だった。話はまだ、続くよね。
読了日:11月2日 著者:荻原規子
思い出のとき修理します (集英社文庫)思い出のとき修理します (集英社文庫)感想
短編連作。『季節外れの日傘』が 都合がいいけど なんか しっとりしてて 好き。
読了日:11月3日 著者:谷瑞恵
触法少女 (徳間文庫)触法少女 (徳間文庫)感想
ハラハラしたし、なかなかうまくできていたと思う。
読了日:11月4日 著者:ヒキタクニオ
消防女子!! 女性消防士・高柳蘭の誕生 (『このミス』大賞シリーズ)消防女子!! 女性消防士・高柳蘭の誕生 (『このミス』大賞シリーズ)感想
お隣の息子さんが 消防士なので、つい想像しながら読んじゃった。
読了日:11月5日 著者:佐藤青南
作家の猫 (コロナ・ブックス)作家の猫 (コロナ・ブックス)感想
見てるだけで和む。
読了日:11月7日 著者:夏目房之介,青木玉,常盤新平ほか
作家の猫 2 (コロナ・ブックス)作家の猫 2 (コロナ・ブックス)感想
猫の対する愛情が感じられるわ。
読了日:11月7日 著者:川本三郎,久世朋子,萩原朔美ほか
作家の家 (コロナ・ブックス)作家の家 (コロナ・ブックス)感想
井上靖邸 すごすぎ。憧れるわ。どのお宅も 眺めてるだけで 楽しめた。
読了日:11月7日 著者:
ハーメルンの誘拐魔ハーメルンの誘拐魔感想
えっ?これシリーズだったの?じゃぁ ほかのも 読まなきゃ。
読了日:11月8日 著者:中山七里
市立ノアの方舟市立ノアの方舟感想
ひさびさに、近くの動物園に行ってみたくなった。
読了日:11月11日 著者:佐藤青南
In Red(インレッド) 2016年 12 月号In Red(インレッド) 2016年 12 月号感想
付録目当てで、買っちゃった。
読了日:11月11日 著者:
サライ 2016年 12 月号 [雑誌]サライ 2016年 12 月号 [雑誌]感想
カレンダーもあるし、書を楽しむってことで。
読了日:11月11日 著者:
藤田嗣治画文集 「猫の本」藤田嗣治画文集 「猫の本」感想
これほどの フジタの猫の本は ないと思う。見たことのない猫たち(絵)に 会えてよかった。
読了日:11月12日 著者:藤田嗣治
邪馬台国は熊本にあった! ~「魏志倭人伝」後世改ざん説で見える邪馬台国~ (扶桑社新書)邪馬台国は熊本にあった! ~「魏志倭人伝」後世改ざん説で見える邪馬台国~ (扶桑社新書)感想
魏志倭人伝の読み方が 理論的で、説得力があって、なかなか面白かった。
読了日:11月12日 著者:伊藤雅文
バイオスフィア実験生活―史上最大の人工閉鎖生態系での2年間 (ブルーバックス)バイオスフィア実験生活―史上最大の人工閉鎖生態系での2年間 (ブルーバックス)感想
へぇ こんなこと やってたのか。 なかなか面白い実験だ。しかし、いい加減な?イタリア人と、真面目なドイツ人や日本人とでは 違う結果も出そうな気もする。
読了日:11月13日 著者:アビゲイルアリング,マークネルソン
ゼロの激震 (『このミス』大賞シリーズ)ゼロの激震 (『このミス』大賞シリーズ)感想
木龍が、地震や噴火の地域から、、逃げきれたりするところが 今一つ都合よすぎて、気になったが、まぁまぁ面白かった。
読了日:11月16日 著者:安生正
アンソロジー 捨てるアンソロジー 捨てる感想
短編は好きじゃないけれど、面白かったから いいか。いや、私の好みが 変わったのかも?
読了日:11月17日 著者:大崎梢,篠田真由美,松村比呂美,光原百合,柴田よしき,新津きよみ,永嶋恵美,近藤史恵,福田和代
世の中ががらりと変わって見える物理の本世の中ががらりと変わって見える物理の本感想
がらりと変わって までは いかないが、なるほど と思ってしまった。非常にわかりやすく、面白かった。
読了日:11月18日 著者:カルロロヴェッリ
どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法感想
プログラムだけ 失敬。
読了日:11月24日 著者:EIKO
みんなの持たない暮らし日記 (みんなの日記)みんなの持たない暮らし日記 (みんなの日記)感想
みんなの~日記 シリーズ 4冊目。世の中には こんなにシンプルに暮らしている人が多いのね。@@ 何か 一つでも 自分のモノにしたい。
読了日:11月24日 著者:
室町無頼室町無頼感想
つい 登場人物の配役を 思い浮かべつつ読む。才蔵は、若いころの岡田准一君か、佐藤健君なんかいいなぁ。ああ、面白かった。
読了日:11月27日 著者:垣根涼介

読書メーター

[PR]

by bibliophile81 | 2016-12-15 08:47 | book | Comments(0)